【01Blog】01Boosterの仮説検証②

投稿者:Suzuki Norifumi
2013/10/08 22:44
前回は、01Booster創業前から仮説通りだったところ(http://01booster.com/archives/1690) を中心に書きましたが、 今回は仮説から外れたところを整理してみたいと思います。 1.固定アドレス席のニーズは少ない 現在約50社(人)のご利用者のほとんどがフリーアドレスで、固定席のニーズは相当少ない です。登記できるオプション等の付加価値がついているにも関わらず少ないので、価格差相 対的にはフリーアドレスで十分のようです。 一方で、フリー席でも、何となく定番で座る席は固定的になってきているようで、●●さんの席み たいになっていますね。想定が外れましたが、まぁ、それもよしです。 2.電話番号の転送サービスニーズが思いのほかある 東麻布の03番号から携帯電話への転送サービスをオプションで設けていますが、当初用意し た番号は売り切れてしまい、番号を増やしてましが、それももう2番号しか余っていません。 まだまだ固定番号の信用力というのはあるようですね。携帯番号090-では取引先からの信用 を得られないから利用される方が結構いらっしゃいます。 これで儲かる感じではないのですが、新たな気づきです。 3.大企業の方々が結構来る もともとシード、アーリーステージのオフィスコストが負担できない起業家向けのオフィスですが、 大企業の事業開発担当者が、事業連携担当者、VC(投資会社)の方が結構尋ねて来られます。 これもありあがたい想定外ですが、それぐらい「事業創造、事業開発のパワー」がいろいろな方々 を惹きつけるんだなぁと。 4.オフィス利用者とイベント参加者は違う もともと、オフィス利用者のネットワーキングにご活用いただくことも目的として定期的なイベント を企画実行していますが、オフィス利用者の参加(参加費無料でも)は少なくて、外部の方々が 多いです。実戦で戦っている起業家ですので、イベントどころではないのかとも思うのですが。。 5.ドロップイン利用は少ない ターミナルにあるシャアオフィスやCoWorkingSpaceではないので「そりゃそうだ」なんですが、 ドロップインの利用は少ないですね。大抵が利用者のパートナーや、知り合いの方が利用され る感じです。 近くに来たのでオフィス利用していかれる方はいませんね。まぁ東麻布にフラッと来ることなんて ないですからね。 仮説通りのところ、仮説から外れたところありつつも、全般としては着実に運営的にも経済的に も安定稼働しつつありますが、 利用企業様の事業の成功確率の向上を最大ミッションとして、少しでも良好なオフィス環境と コミュティ作りをしております。
タグ
Original
投稿者
Suzuki Norifumi
代表取締役CEO 01Booster Inc.

大学卒業後、ゼネコン主計部門を経て、カルチュア・コンビニエンス・クラブ入社、管理部門を統括するコーポレート管理室長。東証マザース上場、東証1部指定替えプロジェクトメンバー。その後、エムアウトにおいて教育事業「キッズベースキャンプ」を創業するとともに、兼務で新規事業開発シニアディレクターを歴任。同事業を東急電鉄に売却するとともにその後3年間のPMIを経て、同社取締役退任後、事業創造アクセラレーター株式会社ゼロワンブースターを創業し、起業家支援、企業向け新規事業開発支援事業を展開。日本を事業創造できる国にして世界を変えるために事業創造プラットフォーム構想を推進している。

Suzuki Norifumi の新着記事