【01Blog】結果を出してない起業家を賛美して何になる?の件

投稿者:Suzuki Norifumi
2013/10/28 22:14

本日のfacebookのタイムラインに流れた記事で、以下のようなものがありました。

http://toshiyuki-blog.tumblr.com/ 「結果を出してない起業家を賛美して何になる?」

ごもっともという【賛成意見】と、それでもいいじゃんという【消極的反対意見】があります。

まずは賛成意見としては、昨今の一部の起業ブームで、「資金調達できただけで」「起業したこと(≒法人成りしたこと)だけで」、成功した(結果を出した)ともてはやされるような雰囲気には違和感を感じますね。
株式会社なんて約20万円で出来ますし、ベンチャーファンドもたくさんできて、本当にいいビジネスであれば、資金調達もそれほど難しくなくなっています。
なによりも、資金調達したということは他人からお金を預かって、大きな責任を背負うことになるので、成功気分に浮かれている場合でないと感じています。
たまに、資金調達したことで、「おめでとう」「おめでとう」の連呼がfacebookに流れることに何か違和感を感じるんです。

そして、消極的反対意見としては、「結果って何なんだろう」というのがあります。
一歩踏み出して起業したことでも、資金調達したことでも評価してあげていいじゃないかというのもあります。
そうじゃないと日本に起業する人増えませんしね。

事業をEXITした場合でも、きちんと利益を出して、納税し、雇用を生み出している、経済実態が伴う事業ばかりでもない。何でこの事業がこんなに高く売れるんだろうというのもある。

ただでさえ、独立起業したら、大企業の財政力やブランドの庇護がない訳で、屈辱的なことが多い。そうであれば、
ちょっとぐらいチヤホヤしてあげてもいいじゃんと。

タグ
Original
投稿者
Suzuki Norifumi
代表取締役CEO 01Booster Inc.

大学卒業後、ゼネコン主計部門を経て、カルチュア・コンビニエンス・クラブ入社、管理部門を統括するコーポレート管理室長。東証マザース上場、東証1部指定替えプロジェクトメンバー。その後、エムアウトにおいて教育事業「キッズベースキャンプ」を創業するとともに、兼務で新規事業開発シニアディレクターを歴任。同事業を東急電鉄に売却するとともにその後3年間のPMIを経て、同社取締役退任後、事業創造アクセラレーター株式会社ゼロワンブースターを創業し、起業家支援、企業向け新規事業開発支援事業を展開。日本を事業創造できる国にして世界を変えるために事業創造プラットフォーム構想を推進している。

Suzuki Norifumi の新着記事