【01Blog】アセアンで思ったこと

投稿者:Goda George
2013/12/16 16:43
アセアンのITの会議に出席した。日本の話しをまとめてさせて頂いた。 アセアンは2015にある程度の統合が図られる。AEC(ASEAN Economic Community)の動きだ。どこまで統合が図れるかは分からないが、域内関税の撤廃、高度人材のVISA無しでどこでも働ける、ロジスティック文章の統一化などがある。将来的には法整備や共通通貨などの構想もある。EUに近い感じであろうか。現在は準備が進められている。 ASEAN諸国はまだまだ格差が大きい。世界でもトップクラスの一人あたりのGDPを誇るシンガポールがあればミャンマーのように最近になって開放された国もある。発表でもミャンマーの人が言っていたが「最近になってやっと国が開いた」と。期待もあるものの、国内に色々インフラを含めて課題は多く、今後どうしていくか?というところである。ただ、一つ思ったのは、全てが上手く行っていないではあろうが、「アセアンは一つになりつつある」という気概である。その雰囲気を感じた。 今回のホスト役はタイであるが、インドネシア、ミャンマー、ベトナム、マレーシア、韓国、日本が一同に会した。違いはあれど何か、同窓会的なイメージで和気あいあいとしていた。 私個人にどうのこうのできる話ではないものの、日本に求められているものは、リーダシップであるとも感じる。上から目線で「教えてやる」といった考えは宜しくない(このお高い感が日本にはあると製造系の集まりでも批判がある)。各国は優秀なメンバーが揃っている。しかし、発展は途上であり、成熟型の日本のやり方からアセアンの皆さまが学ぶことも多い。 成熟市場の日本はどうしても各国との関係を大切にしたい。しかし、単純に物を売って、外貨を獲得するというシングルサイドのビジネスモデルは成長著しく、資金需要の大きな新興国では望まれない。いかにアセアンやアジア諸国に我々日本が貢献していけるか、自他共栄を図って共に発展していけるか。まさにこれが問われていると感じた。01Boosterや私の関連する企業群のちからは小さいが、アジアの発展に微力でも貢献していきたいと強く思っている。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事