【01Blog】コンテンツ x ○○ のチカラ

投稿者:Goda George
2013/12/19 18:30
エヴァンゲリヲン x 日本刀展を先日見に行った。 展示会場は大賑わい。私はエバに関しては若干の知見があり、好きであるが、日本刀のファンではないし知見も限られている。日本刀は綺麗で匠の技であるということをおぼろげながら印象として持っているぐらいである。多分、多くの閲覧者が同じような状況ではないであろうか。エバの大ファンでもないかも知れないし、日本刀の大ファンでもない方が多いのではないであろうか。見に来ている人は、イメージとして、30代が中心。日本刀のファンも居るであろうし、芸術が好きな人も居るであろうが、ざっくりと「感度の高い人達」が集まっているように思えた。 なにが言いたいかというと、エバ x 日本刀というこの掛け算で「人が集まる」のと「片方だけでは来ない人が集まる」という両方の効果があったのではないかと思っている。艦これなどの擬人化が流行っている。過去から何かのキャラクターを宣伝に使うことは大量に行われていたとは思うが、このような、伝統的な物(日本刀)とコンテンツの組み合わせが従来それに興味が薄かった層を取込んでいることが興味深い。 このプロモーション手法はたいへん参考になる。「擬人化」が特に海外で知名度の高い日本のコンテンツなので、一つのキーワードになりそうである。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事