【01Blog】大企業からStartupで学んだこと(13)「成功のための爆速失敗モデル」

投稿者:Goda George
2013/12/22 22:07
成功したあるいは成功しそうなStartupに関わってこう思う。PDCAが恐ろしく早いのです。 ビジョンやミッション、なにをやるか?も悩むところで、悶々とするのもまた新規事業や起業の特徴だと思います。時には優秀な起業家でも悶々と1年2年も過ごすことはあるでしょう。この状態も辛いもです。ただ、ある程度やることが定まっている場合は、PDCAは高速に回すのが良かもしれない。例えば、ご存知のシリコンバレーでも、まずはデモを見せろというイメージで、Webサービスではなくても、「こんな検証を実施した。結果が・・」はある程度高速に回すのが良いのでは?と思います。あくまで体感ですが、ヒヤリングベースなら1週間で結論。システム系でも(物にもよりますが)1ヶ月や3ヶ月でPDCA回している気がします。 重要なポイントは、成功した(あるいは成功しそうな)モデルを振り返ってみると、見えないだけで大量に失敗をしていると思います。 よくあるPDCA系のフローとして、 「アイデア」→「知見者にヒヤリング」→「ユーザにヒヤリング」→「ここでイケそうだから」→「実際にベータ投入(つまり何かのサービスを市場に出す)」→「大半が失敗または成功するも手間が掛かり過ぎる」→「どうするか?」→「次」 そのサービスが良いか悪いかはベータ投入、最初に使ってくれるアーリアダプターを過ぎて、更に先にわかると思ったりもします。後付でうまく行った理由は分かるのですが、最終的に実際に売ってみないとわからない。売れてもそれがスケールしださないとわからないなんてのもあるかと。Web系ですが、私の関わった勝った、あるいは勝ちそうなベンダーを2社あげると、両方共大量に失敗していますが、非常にPDCAが早かった。また、その結果がダメだったという原因を「ちゃんと」特定している。その後はダメならその投資額は忘れてこだわらないで切り捨てる。 ■ テストケースA PC用アフィリエイトまとめサイト → 中止 スマホ広告プラットフォームモデルに変更 プランコンテスト出まくり、以降全部中止 スマホ受託開始 SNSアプリ受託開始、数百万を開発費に突っ込むも完成後直ぐにシャットダウン → これ以降、全ての受託開発を停止、本業に意味ないと判断 アプリの開発プラットフォームを検討→中止 レコメンドエンジン開発→中止 ターゲティングモデル等大量に新商品開発→中止 様々な広告製品を開発→中止 他社とのサービス提携→後にかなり中止 結果的に、かなりの数のテストモデルや提携モデルをローンチして中止して、PDCAを回している 最終的にスケール(成功した)したサービスモデルが半年で1000倍に膨れてExit ■ テストケースB アキバ+美女アプリ(タレント事務所に言って):失敗(妄想でこうなる!系はNGだったと理解) ビューアーアプリ:成功(そこそこの広告収入) 数件、ビューワー成功 受託を数件実施→現在ほぼ停止(一部、社内リソースを使わないモデルに) ゲームコミュアプリに大量に時間とお金をかけて作りこんで失敗 なんとか、マッチング系アプリ成功(売上は立ったがこの時点で広告モデルの限界を理解)→数件同等モデル → 広義には広告収益モデルは失敗?(もちろん経験は生きるのでこれは前向きな、必要な失敗というよりは成功とも言える) → 余分事業切り離し → 広告展開モデルにピボット(BtoB@プラットフォームモデル)に変更 スケールが見え出す 簡単に言えば、失敗しまくっています。そしてこれはきっと「失敗」ではないのです。成功のための通過点を大量に通っているということだと思います。多くの結果的に失敗したモデルを見るとこのPDCAが非常に遅いのでは?と感じています。何かにこだわったりとか・・・ この成功のための爆速PDCA失敗モデルを意識しても良いかも知れません。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事