【01Blog】アフリカの5つのStartup関連団体

投稿者:Goda George
2014/02/17 18:58
最近の記事でアフリカのStartupエコシステムにおける5つの主要なプレーヤーという記事が出ていたのでここにそれを紹介しておきます。途上国では消費財などではそこそこの売上も期待できますが、ビジネス環境も異なるので、やはり投資として入るほうがベターであるのと、将来的な成長市場へ食い込んでおく意義は大きいと思います。経産省さんのアフリカの資料がありましたので、これも参考に添付しておきます。経産省_アフリカ2013 5つのアフリカのStartup(主にWebサービス系)の情報。 MEST ガーナでいわゆる教育プログラムを含んだインキュベーションプログラムや投資を提供している。ポートフォリオを見る限りはそこまでアフリカに特化したようなサービスは見られない。いわゆるWeb系のサービスのインキュベーションを実施している模様。 VC4Africa 投資家とStartupのマッチングプラットフォーム。メンター探しも可能。その他にStartupが人材採用の募集なども出している。 iHub Nairobi これもケニアのStartupを対象としたマッチングプラットフォームに近い。2014年2月15日現在で152社、13千人程度と結構な登録数がある。パートナーを見るとどの会社がアフリカまで興味を持っているかがよく分かる。米国系、韓国のSamsungと彼らの先行投資のマインドを感じる。 African Venture Capital Association 62カ国の投資家がアフリカのあらゆるステージのStartupへの投資を検討している団体。 Angel Fair 基本的にStartupのイベント。2014はナイジェリアのLagosで実施する模様(3月30−31日)。2013年にヨハネスブルグで行われた時の資料がこちらで見れる。 [slideshare id=26343488&doc=angelfairafricabrochure-130919063624-phpapp01]
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事