【01Blog】海外の起業状況「エストニア」のICT系Startupに関して

投稿者:Goda George
2014/04/27 01:37
"e-stonia"(e-Estonia)と呼ばれるようなIT大国であるエストニア。エストニア発のStartupといえばSkypeが有名だと思います。 そもそもエストニアがどこにあるかというとここ(下図の濃い緑)。人口は130万人強、経済規模的には日本の規模の小さい県程度(鳥取・高知)ではあります。面白いのはNATOのサイバーセキュリティのセンター(CCDCOE)がこのエストニアにあること。これだけでもICT技術が高そうなイメージをもてます。 エストニア自体のICTに関してはこちらに2頁ほどの解説がありますので参考に。元々が小さい国ですから徹底的にICTで差別化するという意気込みを感じる内容です。 全てでは無いでしょうがEstoniaのStartupのエコシステム(各対応機関・団体)の情報がこちらにあります。ではどのようなStartupが存在するのか。こちらをベースに少し引っ張りだしてみます。 TransferWise SkypeとPaypalを立ちあげたチームによるとサイトに表記があります。これは手数料ゼロの海外送金取引として有名ですね。 Plumber これはJavaのソフトウエア開発においてメモリーリークを70分以内に見つけるサービス。Freeのサービスもありますが、5万円〜13万円/年程度なので、手間を考えると重宝されるサービスと思われます。 Weekdone これはチームのコラボレーションツールですね。チームの成果をダッシュボード的に見やすくしたり、後は、インターンや外部で働いている人とのコミュニケーションを良くするイメージです。 その他のサービスも面白いですね。サービス的なStartupよりも少し技術的なStartupが多いイメージでしょうか。 Marinexplore : 海洋系のデータ解析のサービス Cloutex:これは様々なICTのサービスをシンクロさせるイメージ fortume:80カ国で使えるモバイルペイメント Testlio:モバイルアプリのテストサービス Signwise:x-boarderのe-signatureサービス その他はERP、CRMなどがありました。Estoniaからも目が話せないですね!
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事