【01Blog】海外の起業事情「ウクライナ」のICT系Startupに関して

投稿者:Goda George
2014/04/29 22:28
エストニアリトアニア、西に行ってUKのTechCity、少し西に行ってアイルランド、南西に赤道を跨いでチリ、また欧州に戻ってUKの西に行ってアイルランドのICT系Startup事情に関してまとめましたが、現在は荒れ模様なものの、ウクライナのStartup事情に関して簡単にまとめてみます。 ウクライナの位置は下図の濃い緑。人口は45百万と結構多いですね。京都〜福岡ぐらいの経済規模でしょうか。所得は日本の一桁落ちぐらいでまだまだ低いイメージです。ウクライナの経済その他のデータはこちらに分かりやすい解説があります。政治情勢に関しては日本の一般メディアよりも北野さんの記事が比較的一般メディアよりも中立かとは思います。深堀りはここではせずに、一言で言えば、混乱が収まった後に同じような理由でミャンマーのように投資が活発化しないかな?というポジティブな考えもあります。ウクライナはICTという観点で見ると期待できるとの報告もあります(日本語)。旧ソ連圏ですから高い教育レベルの人材も結構居るでしょう。 現在の状況は置いておいて、去年の状況ではこちらにまとめがあります。IDCEEがStartup系の大きなイベントのようですね。少し情報を抜き出してみます。 2012年にウクライナのStartupはBoom化、2013年にアクセラレータ、インキュベータが2個から7個に増加。キエフ(首都:人口250万人)中心。GrowthUp, Polyteco, EastLabs, Happy Farm, IT Launchpad, iHUB @キエフ。ファンディングも2012-2013でBoom化。 マクロ的な問題として能力の高いエンジニアやサイエンティストは優秀な大学から沢山排出されてくるが、ビジネス的な経験やそれを教える部分が国として弱い。 2013年になりますが、ファンディングを受けた例は下記。 Tapmall.ua / Funding 5MUSD / オンラインのファッションショップ Jelastic / Funding 2-5MUSD / JavaとPHPアプリ向けのPlatform as Infrastructure. 現在はシリコンバレーがHQ Attendify / Funding 330kUSD / Event作成アプリ。現在はサンフランシスコにHQ uGift / Funding 30kUSD / ギフトカードサービス 今後の政治情勢によりますが、人材的には豊富なので状況が安定したら面白い地域になりそうですね。IDCEEのビデオがありますので、参考に。ウクライナの皆さんの明るい顔がまた直ぐに見れますよに。 https://www.youtube.com/watch?v=7_EL-SeogCA
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事