【01Blog】海外の起業事情「ケニア」のICT系Startupに関して

投稿者:Goda George
2014/05/04 02:58
エストニアリトアニア、西に行ってUKのTechCity、少し西に行ってアイルランド、南西に赤道を跨いでチリ、また欧州に戻ってUKの西に行ってアイルランド、情勢は悪いがポテンシャルのあるウクライナ、少し西側に行って、ポーランド、南下してチェコ、南に一つ下がって、ハンガリー、ずっと離れてオーストラリアのICT系Startupに関してまとめましたが、そのままずっと西に行って、ケニアのICT系Startupに関してまとめてみます。 ケニアは人口が43百万。徳島県ぐらいの経済規模です。ケニアのICTのマスタープランはこちらに ⇒ Final ICT Masterplan Apr 2014 さて、ケニアのStartupですが、こちらにMapがあります。ナイロビ中心ですがStartupが56社、アクセラレータとインキュベータが合わせて7つ登録されております。Startupの話はこちらにかなりまとまっております ⇒ GSMA_KENYA-AR2014-060214-WEB-SINGLE-PGS アクセラレータも結構な数あるので、スタートアップも色々居そうですが、こちらに4つのStartupが述べられておりますので参考に。インフラの未整備な部分をサポートするサービスが多いですね。これをどう思うか?ですが、日本は歴史的にリバース・イノベーション大国。もしかしたらある日、我々もアフリカ発のサービスを・・なんて日も来るのかも知れません。 BRCK 大容量のバッテリーを備えたワイヤレスモデム。アフリカの不安定な電力に対しての停電対応。 SleepOut AirBnBのアフリカ版というイメージ。ネット環境に配慮してSMSをより使う仕様の模様。 Kopo Kopo M-Pesa(ケニアで大きく使われているモバイルペイメント)の流れに乗って、SME向けのペイメントサービスや顧客リレーションを行うプラットフォーム Able Wireless これはエンタメや教育のストリーミングサービスの会社。  
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事