【01Blog】DeNA・南場さんのの不格好経営より「オープンイノベーションの現場/6」

投稿者:Goda George
2014/05/08 19:43
DeNAの南場さんの不格好経営という本を読んでみました。 多くの日系のStartupの人がなかなか南場さんのようなスタート(上司が大前研一、SONYの出井さんに電話できるレベル、ハーバードMBAも簡単)は切れそうになく、リソースレスというよりは、リソースフルに近いな?と思えるところも多いのですが、世界を見渡すと南場さんでもOne of Themであり、更に優秀ですごい経歴の人がStartupをやっている(経歴や学歴はともかくも極めてIQが高いとか)ので、世界で戦うことを考えると兜の緒を締める気分でしょうか。 さて、もちろん、本に書かれていることがそのままかは私はDeNAに務めたこともありませんし、人によって見方は変わるでしょうが、いくつか参考になる点がありました。 失敗を許容する、あるいは失敗した人に更に大きな仕事を与えられるような企業は新規事業を産める マネージメント型になってしまっている会社には難しいですが。。評価制度そのものにも響く話ですね。 ビジネスのオーナシップを持たせる 個人的には、Startupでお金がなくなる経験をしながら事業立ち上げを行うよりも、仮に給料が保証されていて、新しいことができるのであれば企業の方が良いようにも思えます(但し、ビジネスを立ち上げる能力は付いても、起業の実力は付かないので勘違いしてはいけない)。このオーナシップを持っているかどうか?というのは大きいですね。企業に入ると、自分の仕事に人事のような印象を受ける方も沢山居ますし、社長がいうからとか、自分がではなく、人がというのが多い。オーナシップを持っているかどうかは非常にモチベーションを左右しそうです。 女性起業家向け(経営者といったほうが良いかも知れませんが)の示唆も結構含まれておりますし、コンサル時代のことがノイズになってかなり自分でその頃のことを忘れたということも書いてあるので、良い部分もあるんですが、MBAやコンサルタント自体が、起業に必ずしもプラスにならないという目でも見れると思います(いずれにしろ、これも経験しないとわからないことですが)。 南場さんのお言葉ではありませんが、下記の言葉は良いですので、ご紹介しておきます。 "選択に正しいも誤りも無く、選択を正しかったものにする行動があるかどうかだけ"
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事