【01Blog】海外の起業事情「サウジアラビア」のICT系Startupに関して

投稿者:Goda George
2014/05/10 21:33
エストニアリトアニア、西に行ってUKのTechCity、少し西に行ってアイルランド、南西に赤道を跨いでチリ、また欧州に戻ってUKの西に行ってアイルランド、情勢は悪いがポテンシャルのあるウクライナ、少し西側に行って、ポーランド、南下してチェコ、南に一つ下がって、ハンガリー、ずっと離れてオーストラリア、そのままずっと西に行って、ケニア、北上してアラブ首長国連邦(UAE)、少し東に行ってパキスタン続けてイランのStartupに関してまとめてみましたが、今回は南に行ってサウジアラビアのStartupに関してまとめてみます。 サウジアラビアの市場に関してはこちらを。 サウジラビアは世界情勢の観点で新しい産業(ICTを含む)に関しては非常に積極的、かつ、Startupも是非誘致したいというモチベーションがあると思われます。後は宗教戒律が非常に厳しいので、このせめぎあいでしょうか。海外組から見ると教育系への予算投下が国家予算の1/4もありますので、教育(インキュベーションも含む)分野は大きな市場です。下記はいくつかのStartup関連です。 Glowork 女性向けの仕事を探すサイト。16億で買収された。 Flat6labs ジッダ(Jeddah/サウジ第二の都市で商業都市、比較的リベラル)での初めてのエジプトベースのアクセラレータ(2013年のニュース記事)。下記は2013年のプログラムバッジのStartup、マーケットプレイス、数学の教育、女性向けのビューティ関連などこの国のニーズを反映していて面白いです。 さて、サウジでなかなかStartupのFundingは難しいんだよ。というInfographicがあります。いわゆるVCではなく、Angelというよりは個人投資家からというイメージなのかも知れません。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事