【01Blog】仲間の存在は大きい

投稿者:Goda George
2014/08/02 03:43
仲間の存在は大きい。 本当にそう思います。個人事業主という形でファミリービジネスを展開する場合は一人も良いでしょうし、フリーランスもそうでしょう。しかし、スケール型のビジネスを目指す場合は一人では厳しい。私もそれを実感してます。 まず人は弱い。必ず弱い方向に走ると言っても良いかも知れません。人と調整するのは確かに面倒。一人の方が気楽ではある。ただ、一人でできることは非常に限られていることも同時に感じます。自分が何もしなくてもブログの一つでも書いてくれる人が別に居たら、営業してくれる人が別に居たら、こんなに心強いことはありません。 起業を一人で始める人はもちろん沢山いると思います。しかし、仲間は必ず必要。もちろん、創業者同士はもめます。ほぼ100%といっていいぐらいもめるでしょうし、かなり激しいことになる例もほぼ100%あると思って事にあたると良いとは思います。 01ダイエットの第一期が終了しました。01ダイエットの第一期の優勝は-7.3kgを達成した床鍋さん。しかしながら、01ダイエット総勢17名のそれぞれが頑張っているという人とのつながりでこの偉業は達成されたと思っております。 創業者はもめる可能性が高い。しかし、一人ではできない。是非、起業される方は仲間を見つけてください。そして仲間を引き込む能力は起業家にとってとても必要なことだと思います。人をコミットさせることは非常に怖いことです。責任を取れるだろうか?自分自身のモチベーションが下がった時はどうしたら良いだろうか?など心配は尽きません。しかし、起業家としてはそれは乗り越えなければならない壁だと思います。 01Boosterのメンターでもある床鍋さん 01ダイエット第一期の結果です。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事