【01Blog】Internet of Things(IoT)の未来をARMとIntelの戦略から垣間見る

投稿者:Goda George
2014/08/17 00:50
IoT(Internet of Things)をARMとIntelから占う Internet of Thingsはものすごい勢いで伸びることが予測されておりますね。様々なStartupも出てくると思うんですが、通信技術も去ることながら、コアであるProcessorの能力にIoTのかなりの部分が左右されるところもあると思います。今回はプロセッサの雄であるARMとIntel(主にx86系)の動きを簡単ですが確認してみたいと思います(下図の薄いブルー部分は急激にThingsが伸びることが予測されてますね)。 ご存知の通りIntelはPC業界では強いのですが、Mobileになるとそもそも消費電力が低い設計思想を持つARMの方が優勢な部分があります。もちろん、この急成長するセグメントに世界のIntelが気合が入っているのは当然ですので、この2社の戦いがIoTの世界にもプラットフォームとしては大きな影響を与えるのは間違いないと思います。 Intelの考えるIoTは動画があります。 https://www.youtube.com/watch?v=Q3ur8wzzhBU また、Intel発のInfographicもあるので参考に。 Smart Dust(チリのように小さいコンピュータ)やFacebook for Thingsという概念は面白いですね。   次にARMの方ですね。ARMがEconomistと協力して創ったReport(2013)がありますので参考に → EIU_Internet_Business_Index_WEB Computex2014(台湾)でのVideoがあります。ここで市場機会やエコシステムに関して話していますので、少しピックしてみましょう。 市場機会としては、「データセンター・インフラ」、「時計などのウエアラブル」もありますが、このマイクロサテライトはいいですね。 後は、SDカードなどで通信機能を持たない機器を簡単にネットに接続できると。 ざざざっとプロセッサと機器が並べてあります。消費電力やサイズがかなりIoTの世界では問題になりますので技術革新が欠かせませんね。 このARMのエコシステムへの参加者が述べられております。今後、Startupをする上で参考になりそうです。 ビデオ自体は下記をご覧になってください。 https://www.youtube.com/watch?v=KvUuBTfEsAA&index=6&list=PLgyFKd2HIZlYJtScWpuPO3_gR1L3NQI44 「世界が変わりそうな予感がしますね」。沢山のStartupやNew Businessが生まれてくるのでしょう。個人的にはドイツが進めるIndustries4.0に注目してます。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事