【01Blog】今、製造が熱い!「メタルDIY」には僕等が忘れていた「ワクワク」があるのではないか?

2014.08.27

今、製造業が熱い! 私は元々が製造業(メーカー)出身です。だからといって郷愁により製造業が良い!という気はありません。「客観的に見てそう思っている」からです。つまり、イノベーションの素地がまだまだある分野だと。日本は地域、産業が分散しております。人にもよるでしょうが、製造業の人はIT嫌いが多い。IT系の人は製造の事はあまりわからない。しかしながら時代は変わりました。そもそも日本の中小製造業は世界で最も強いのです(ドイツ、イタリアなども強いですが)。後は組み合わせの問題です。様々な業種のミックスによりこの分野にイノベーションが興る前夜ではないかと感じているのです。下の図の通り、日本の市場を考えると、製造業へのテコ入れは極めて重要です。その他のデジタル系やコンテンツ系「だけ」に集中してはGDPそのものが沈下するんです。「組み合わせ」が重要です。 現在は、IoTに注目が集まっております。IoTに限らず、モノ x 〇〇というイノベーションの世界はやってくると思います。現在は、製造関係のオープンスペースが盛んでUSではTechShop、フランスではLusine IOです。私はこのような製造の工作機械等を一般に開放することが日本では難しいことが良く分かります。 しかし、日本は世界でも元々ベースの方が強いのです。そう、中小企業が変革するのです。日本はそもそも中小が他国に比べて力があります。歴史が長いですから産業の裾野が広い。中小の雄の一つがメタルDIYです。金属加工に特化したオープンスペースです。杉田社長の志により、工場の二階部分に工作機械を設置し、安全にしっかり配慮しながら金属加工を体験できる場を提供しております。ハードウエア系の製造業出身ではない方はわからないかもしれませんが、このようなことは大学であるとか一部の設備でしかできないので、今までは一般の方が金属加工をすることはなかなかできなたっかと思います。そこに間口を開いたことは非常に大きなことであると思います。 確かにこれは世界全体、日本全体からしたらとても小さな取組かも知れません。しかし、「蟻の穴から堤も崩れる」ということわざがあり、何か暗示を感じた気分です。 熱く議論する01Booster関係者と杉田社長 メタルDIYには男性だけではなく女性やお子様も沢山来るようです(Facebookはこちら!)。一緒に子供と来たお父さんが熱中するケースもあるとか。 小さい頃、ダンボールなどでちょっとした基地を創ったり、何がしか工作をした時になんとも言えないワクワクを味わった人も多いのではないでしょうか。僕らはいつの間にかその頃のワクワクを忘れてしまったのではないでしょうか。 メタルDIYはきっともう一度日本にワクワクを与える、世界を変える動きの一つではないかと思っております。

・・・