【01Blog】黒船来襲「ディズニーアクセラレータの衝撃」

投稿者:Goda George
2014/09/11 02:48
ついに来ましたね。黒船。 日本は結局のところ外部からの力でしか変革を行えないのか?と思えなくも無い出来事ですね。アマゾンの出版社の格付けのニュースの話も冷めない内にですが。 最近は色々な大企業の方とお話させて頂きますが、未だに社内リソースだけで新規事業を何とかしようという方が多いです(というよりほとんど)。一方、NTT西日本さんのような巨人ですら外部リソース活用に動いていたりもします。もちろん新規事業にも色々ありますので、滲み出し分野のようなところは既にオペレーションが整っている大企業ではやりやすいでしょうし、プラスオン、ラインナップ拡充といった類も同じです。わざわざ外部リソースを使う必要はない。問題はイノベーティブな新規事業になりますね。これを内部リソースで実施する未来はもしかしたらもう来ないか、相当ROIが悪い(大企業のリソースでは可能であるが、非常に非効率)状況になるのではないか?ということです。 800px-NanbanCarrack 理由は世界には日本という国だけではないということです。エネルギー、安全保障、食料、情報もかなりの部分を海外依存しているのが今の日本です。BARCLAYSが典型的かと思えますが、要は、途上国(具体的には中国)のパワーがすごいのです。ヨーロッパの動きもですね。ドイツテレコムも本気です。ITや金融などグローバルに直接にリンクするところから外部リソースでのイノベーションを本気で始めております。 そして、今回の衝撃はディズニーのアクセラレータです。既に、GoogleやIntelがグローバルに「新規事業ができる」人材獲得に走っているのは前にもまとめました。今回は日本語の日経を介して来てます(私はここに着目してます)。日本はコンテンツ大国であり、海外との関係を見るとコンテンツは単なるエンタメ(娯楽)ではありません。なぜ、我々は米国に憧れを持つ人が多いのでしょうか? これに大きな役目を持っているのは映画や音楽なんです。経済目減りする日本に対し、世界で日本語を習う人口が増えているのは何故か? これはコンテンツ(マンガ・アニメなど)の力なんです。 世界の英知を集めるコンテンツ産業。ディズニー、abc、ESPN、PIXAR、MARVEL、LUCASFILM。この名前。アメリカのコンテンツ産業の雄が世界の英知を求めています。これが米国の底力です。まさか。。。と思いますが、ディズニーから日本のアニメが出たらどうなりますかね? そして、米国はそれを受け入れるだけのフトコロが有る国だと思います。世界の英知が世界を創るのです。 いつまで、1社だけ、かつ、社内リソースでの新規事業開発を続けますか?世界は確実に動いてます。そして、日本はその流れから逃れることは物理的にできません。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事