【01Blog】スタートアップ3.5の時代が日本に来る「日系カタリストたちの信念」

投稿者:Goda George
2014/10/07 01:55
日本にはスタートアップ3.5の時代が来る 2013年の8月号のHarvard Business Review誌にスコット・D・アンソニー氏の「スタートアップ4.0」の論文が掲載されました。非常に興味深い内容です。簡単にいえば、スタートアップ1.0は発明家の世界。例えばエジソンとかが市場を創る。スタートアップ2.0は企業内研究所ですね。ベル研究所などでしょうか。スタートアップ3.0は企業内研究所では動きが鈍いので、Startup+VCの組わせですね。スタートアップ4.0はまた大企業内に居るイントレプレナーが市場を創るというものです。 大企業なんて無理ではないか?というとそうではなく、Nikeはスポーツ業界で、Amazonなどは電子書籍市場でもイノベータですので、やはり大企業のリソースがイノベーションに大きく貢献するであろうというものです。ここまではアメリカを中心とした話ですね。 現在の日本は、スタートアップ2.0が既に終盤で、スタートアップ3.0にしてはちょっとスタートアップの市場が小さすぎるというところではないでしょうか。一方、スタートアップ4.0に日本がなるのはちょっと難しそうですね。企業内に「カタリスト」という社内起業家を育てることが重要なんですが、このスタートアップ4.0になれる企業は全てではないとのことで、その条件は論文によると、下記です。
  • 外部リソースの活用によるオープンイノベーションができる
  • 体系的なイノベーションと、意思決定の簡素化
  • 失敗に寛容
  • カタリストをモチベートする必ずしも金銭的ではないインセンティブ(自立性、熟練度の機会、目的意識など)が必要
簡単にいえば、上記は今の日本企業は全て逆に行っている傾向があります。なので、私は日本では残念ながらスタートアップ4.0と2.0の中間のスタートアップ3.5ぐらいになるのではないか?と思えるのです。 今回、NTT西日本さんとプログラムを一本実施し、学研さんと森永製菓さんとのプログラムを発表しました。どこにも名も無き企業内のスーパースターがいます。彼ら、彼女らは日本における「カタリスト」であると思っております。日本の大企業はオペレーションにおいて極めて強い。ただ、残念ながら社内だけでのイノベーションはもう難しいでしょう。このスタートアップや我々01Boosterのようなアクセラレータに対し、社内で強いリーダシップを発揮する「カタリスト」この存在こそ。日本を、そしてアジアを、更には世界を変えていく原動力であると私は確信しております。 何故なら、彼ら・彼女らは世界的に見ても素晴らしい「信念」を持っているからです。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事