【01Blog】ジョブスに学ぶ「人を巻き込む方法」

投稿者:Goda George
2014/11/04 22:25
直訳すれば「人を巧みに操って自分の欲しいものを引き出す」方法ってところですね "The Steve Jobs guide to manipulating people & getting what you want" というブログがありましたので、要点だけ抜き出してみます。

640px-Steve_Jobs_WWDC07

1. とにかく働く。それにより尊敬を得られる。それが最初に自分が欲しいものを手に入れるための最初の重要な一歩 アメリカなんだから努力よりも結果ではないのか?という気はするんですが、日本とは違う感覚でそうなんでしょうね。ジョブスもAppleに戻った時はPixerのCEOもやっていたので、とても働いたと書いてあります。これは不動産王で有名なドナルド・トランプも同じようなことを言ってますね。「あの人いつ寝ているんだろう?」となると尊敬を集められるとあります。多分、仏教や儒教系の思想の影響がある日本とキリスト教系の米国では異なるでしょう。しかしながら、Work Hardというのはどちらの国でも感覚は違えど、尊敬され、それが欲しいものを得る第一歩になることは変わらないようです。 2. 情熱を持ってピッチせよ。感情を表現することにより人の心は動かされる とても重要な要素ですね。人はロジカルな部分と、感情で動く部分の矛盾で構成されていると思います。ロジカルだけではダメで、やはり感情が重要だと思えるのです。私はどうしてもジョブスの逆境のプレゼンを思いだしてしまいます。 https://www.youtube.com/watch?v=3_C6lmniVfE 3. お世辞を言ったり誘惑したりで、相手をDisarm(武装解除)せよ Disarmには「和らげる」という意味もありますが、武装解除の方がジョブスらしいので、そう訳しました。これは難しいですね。「褒める」という行為は結構難しいものです。それが嘘なのかもしれないけど、心からそう思っているような言い方が出来る人って居ますよね。前に私の上司にもおりましたし、ベンチャーのCEOにも居ました。相手をいかにしてお世辞なのか、誘惑なのか、その気にさせるというのは一つの才能と言ってもいいでしょうね。 この3つの要素、皆さんも是非、今後のビジネスに活用されてください。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事