【01Blog】お金が減る惨めさを知っているかどうか「インキュベーション・アクセラレータの現場から」

投稿者:Goda George
2014/11/19 22:12
あれ?俺はサラリーマンに戻っちゃったのか?やだなぁ。でもこれで給料が出る(良かった)。。という夢をなんど見たことか 非常にマニアックな人たちだけだと思えますが、極少数、私のブログを読んで頂けている方もいらっしゃるようで、深謝致します。最近はビジネス系の話が多かったので、起業側の気持ちを少し書いてみようと思います。もちろん、浪花節的な起業ばかりではなく、資金調達をしていたり、スポンサーが居てそこまで苦労していない人もいると思います。人はそれぞれですから。しかしながら、日本は富裕層が起業する国ではありませんので、お金の部分は立ち上げ時にかなり困ると思います。 数名、立ち上げ期の方ともお話しし、そんな方のためになるかは分かりませんが。少しの励ましになればと。

IMG_8010 カリフォルニアから

問題は、このお金が減っていく辛さを含めて、多くの苦労が創業を経験しないとわからず、どんなに頭が良くても、IQが高くても決して理解できないものであるということです。傍から見たらおかしいことも経験があれば腹落ちするのです。 さて、本題に戻しましょう。ラーメン代稼ぎというのは重要です。スポットのコンサル、ちょっとしたアルバイトなどなど。フルコミットせずにちょっとしたお小遣い稼ぎができる仕事があると起業家の皆さんにとってとても助かるものです。問題は、忙しくてそこそこのお金が入ってくると、決断が必要になる本業が疎かになる可能性もあり(本業をやるという意志の強さ、精神のコントロールが必要になる)、なかなかこのバランスが難しいところです。 多くのビジネスがある程度の形が見えるまでに2年前後の時間を要すると思います。仮に調達して資金に困っていなくてもいつかは黒字化しないとならないわけですから、市場を獲るために先行投資的に赤字にして突っ走っている場合もありますが、ちゃんと売上が上がってこないと、いつかは会社を閉鎖せざるを得ません。

IMG_6288

要するに、2年ぐらいは、本当にやっていることが正しいかどうかもわからない、資金調達していてもその後はよくわからない(また資金調達すれば自由度も減る)。資金も減っていく。眠れないこともあるし。家族がいる人は、家族には特に罪も無いですからねぇ。娘の寝顔なんかを見るとなんとも言えない気持ちになるものです。ある程度感覚も鈍ってくるので、金が無くても何とかなってくる部分もあるんですが、この「悶々」+「手金が減っていく」という感覚は(しかも先に収入があるかが2年前後ははっきりしない、また、良いと思っても結局違ったもあるので、それではまだ終わらまい) なんとも辛いもんですよね。 私も最近は見ないですが、前の会社にリターンしているとか、どこかの会社に入って仕事をやるとかそういう夢を何度か見ました。あ?またサラリーマンか。色々ガマンしないとならないけど、給料が出るから当面はいいなぁなんて夢の中で思ったものです。もちろん、起きたら、元に戻るんですが。 01Boosterで多くのこれから起業する人、起業して悶々としている人と話します。人それぞれに想い、やり方、事情は違いますので同じではありません、ただ、分かり合えるということを除いては。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事