【01Blog】「計画的偶発性を大切に」キユーピー社とOFFICE DE YASAIのKOMPEITO社の事例から

投稿者:Goda George
2014/11/21 17:05
計画的偶発性は決して偶然の産物ではない OFFICE DE YASAIのKOMPEITO社(以下ODY)がキユーピー社から5000万円の資金調達をされた記者会見を開かれました。もちろん、資金調達は始まりであり、ゴールではありませんが、まずはおめでとうございます。 この経緯には計画的偶発性が強く働いておりますので、ここに名も無き英雄を讃える意味で記録に残しておきたいと思います。 ODYさんは01Boosterに立上げの頃からご入居頂き、人柄も良い創業者の川岸さんと渡邉さんはクルーとして皆様の人気者として場を明るくしてくれており、我々も深く感謝しております。

01Booster 川岸さん(左)と渡邉さん(右)

今回のキユーピーさんの話は元々、シナプスの後藤さんがベンチャー系の話のフリーディスカッションでキユーピーの方と共に01Boosterを訪れた事から始まりました。仕事をしていたODYさんにそういえばフード系がおりますねということでキユーピーさんをご紹介したのが始まりです。

01Booster 01Boosterも多少ですがお役に立ちました(記者会見のプレゼンより)

このような計画的偶発性は決してただの偶然ではなく、シナプスの後藤さんが何か新しい事に関して色々ご考慮されていた上での事です。ベンチャーと大手企業のコラボレーションは決して簡単ではありません。キユーピーさんの社内でも色々ご活躍された方がいると思いますが、大手企業の話しであると思いますので、お名前は伏せておきます。 私がお伝えしたいのは、名も無き色々な人々の想いによってオープン・イノベーションは成り立つのであり、この名も無き英雄たちのことを決して忘れてはならず、そのような人たちの努力は表には出てこないけど、我々はそのようなところにこそスポットをあてたいのです。

01Booster ODYの左から黒木さん、渡邉さん、そしてキユーピーの社員さん

なぜなら、計画的偶発性は偶然の産物ではなく、多くの人の想いの集合体であるとともに、 世界を変えているのは後藤さんを初めとする表舞台には出てこない名も無き勇者達なのですから
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事