【01Blog】NOKIAのブリッジプログラムに関して(リストラ起業支援対策)

投稿者:Goda George
2015/01/06 00:01
NOKIAのリストラ者への起業支援のブリッジプログラムは凄い リストラは新しい事業創造のチャンスであると思います。前に、NYCで起業が盛んになった理由はリーマンショックの影響。日本の企業には優秀な人材がおりますので、この人々が起業に出てくると良いですね。 01Booster 日本の雇用保蔵者数は465万人(2011年)となり、およそ600-400万人というところでしょうか。現在の日本の就業者数は6千万人ぐらいですので、10%ぐらいがいわゆる余剰人員になると思います。また、中小に比べて大企業側にはこの傾向は強いでしょう。国際競争と今後の景気を考えるとどこかの時点ではリストラもあるでしょう。私も大手メーカでバブル崩壊後の大リストラを経験しましたが、なかなか激しいものです。 関連情報 労働生産性の国際比較はこちら。日本は米国の6割程度 解雇の難しさに関しての国際比較はこちら。日本は解雇がしずらい環境 さて、雇用がどうなるかは時の運ですので、その対策の方として、少し前の取組ですが、NOKIAのブリッジプログラムが面白いです。同社の携帯事業の勃興と厳しい状況への変化に関しては部品メーカーで肌身で感じたのでなんとも人事とは思えない部分ではあります。ここにこのプログラムの話があります(日本語)。この記事によりますと、4万人の解雇者に対し、実際には3700人程度が受講したようですが、250万円程度の資本金を出してくれて、起業に関してのサポートをしてくれると。世界で500社(2013年までで1000社)も立ち上がっているようですね。 IMG_6773 詳細な評価はこちら ⇒ NOKIA_Program プログラム参加者のアンケートを見るに、半分ぐらいは今まで起業したいと思っていたが、チャンスが来た!とポジティブですね。 また、Startup Saunaも含め、NokiaのリストラはフィンランドのStartupシーンには好影響を与えたようです。生まれたスタートアップは500−1000個(フィンランド国外も含めると)とはかなりの大型のStartup需要になったのではと。 有名どころのStartupとしてはJolla あたりでしょうか。こちらにフィンランドの状況(日本語)がまとめてありますので、参考に。 今後の日本でも参考になりそうなモデルですね。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事