【01Blog】今、フィットネスやウェルネスのスタートアップが熱い?

投稿者:Goda George
2015/01/31 19:28
フィットネスとウェルネスのStartupが熱い? 今更ですが、結構激アツかも知れません。この分野。 さて、フィットネスとウェルネスの違いというのはそこそこかり難いですね。ここを参考に少しまとめますと、フィットネスは肉体のトレーニングという意味合いが強く「健康」というわけではない。一方、ウェルネスは広範囲の「健康」であり、肉体的なものを含め、精神的、感情的に広い範囲をカバーするというところです。 ヘルスケア系のStartupは常時ブームでしょうから、その周辺あるいは関連とも言えるこの分野も熱いのでは?と期待されます。そこで、どのような形のアクセラレーターやインキュベーションがあるのか確認してみます。 まず、最もこの分野で大きいのが、2013年に行われたNike+ Acceleratorでしょう。ウエアラブルデバイスを中心に10社が選抜されております。過去にこの10社に関しては少しまとめました。 screen-shot-2012-12-10-at-12-03-18-pm 1. 米国系 次にその他のプログラムを見てみましょう。まず米国系です。モバイルヘルスやフィットネスという分野で結構アクセラレーターがありますね。こちらには8個のアクセラレーターが列挙されてます。RockHealth(SF)、Healthbox(Boston)、Blueprint Health(NYC)、Infuse(インディアナ)、Pilothealth(NYC)などなど、結構あります。ヘルスケアが主体ではあるものの、フィットネスも対象になってますね。 2. EU系 ヘルスケアというところでは5つのEU系のアクセラレーターが紹介されております。その中でドイツースイスのBlack Forest Acceleratorがフィットネス系ですね。250ぐらいのプランが集まったようです。 01Booster 3. Wellness系 WellnessとFitnessの境が曖昧ですが、Wellness系ということでイタリアの筋トレなどの器具の大手のTechnogym社(100カ国以上に製品を出荷)がアクセラレーターであるイタリアのH-FARM(H-CAMPというアクセラレータープログラムを運営)と組んでいるWellness Acceleratorがあります。 01Booster プログラムの詳細は下記のSlideshareを御覧ください。器具メーカが主催するだけに、デジタルに偏ること無く、Wellness分野では初めてで、オフライン色が強い印象を受けます。イタリアならではでしょうか。 [slideshare id=43652076&doc=wellnessacceleratorpresentation-150119032258-conversion-gate02]  
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事