【01Blog】場を暖めていくということ「大企業とベンチャー企業の共創の現場から」

投稿者:Goda George
2015/05/13 06:11

まずは場を暖めていくことが必要だと思えます。

コトの共創ラボの定例会を博報堂さん、NTT西さん、ニフティさん、スカパーさんと実施しました。

新規事業を興していくことは多くの企業にとっての課題であり、その一つの手段がベンチャー企業とのコラボレーションですね。

10454337_903959289647310_7166497486622162489_n

ベンチャー企業(スタートアップ)と大手企業のコラボレーションは巷を賑わしているものの実際にはそこまで進んでいるわけではありません。ベンチャー企業と大手企業で異なる点は多々ありますが、特にコラボレーションを難しくする要因を3つあげると下記になるでしょうか。

(1) スピード

(2) 意思決定の方向性

(3) 真剣度

スピードはCEOが決断すれば事が済むベンチャーでは5分でも、非定常であれば企業なら1日では難しく、1週間、場合により半年かかることもあります。意志決定の方向性はリソースの乏しいベンチャーでは市場の声をベースに決められますが、企業では社内向けの要素が大きい。特に多くの企業と話してわかることは必ずしもベンチャーと組むことにポジティブな人は多くはなく、むしろ殆どの人が反対するというケースが少なくありません。そのような中での新規事業担当者はインセンティブが無い状態で動きますからベンチャーとはより話がずれてしまいますね。

もちろん、新規事業の一手段ではあるものの、起業とGDPが相関関係がある以上、多くの企業には避けて通れない道なので、これをどうするか?ですね。

一つの解は、とにかく場を暖めるということかと。多くの文化を変えるような大型の流れはそもそも誰もそんなことに理解がない状態で進みます。なので、まずは場を暖めるということを大手企業の心ある人達と進めていくのが良いだろうなぁと思ってます。

タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事