【01Blog】ベンチャーにとって時間は貴重な投資、そして意思決定の問題点を知る

投稿者:Goda George
2015/06/03 20:09

ベンチャーにとって時間は貴重な「投資」、そして集中して一つのことしかやらないこと。上がってしまいたいなら別ですけども。意思決定は自分のバイアスに気をつけること。

あくまでIT系ベンチャー(Startup)の話ではあると思いますがなかなか示唆に富んだSlideshareなので紹介しておきます。前者が時間の使い方の話、後者が意思決定の話です。

要点をまとめてみます。

時間に関して

  • Startupはなんでもできる。しかし、1年でかなりが消滅するので、時間は貴重。かつ、無限の可能性の全部を試す事はできない。
  • 実は「行動しない」という選択を数多く取る必要がある。
  • 緊急度は低いが、重要度の高い仕事への時間の配分ができていること。
  • 後回しも重要。重要ではないことはやらない。
  • まとまった時間を創る。毎日できて2,3個である。

 

意思決定に関して

  • バイアスがかかる(これはよくあることですね)。
  • 多角的(ダイバーシティ)のメンターをもつ。
  • 問題点が正確に把握されていない、情報収集が弱い(特に定性)、先入観が正確な意思決定を阻む。
  • 2者択一ではなく、2つ以上の選択肢を検討する。
  • 勇気を持って「人気は無いが正しい決断」をする。
  • 意思決定プロセスを創る。⇒ 日本では作りすぎかもしれないが。。。

 

http://www.slideshare.net/takaumada/startup-should-focus http://www.slideshare.net/takaumada/my-startup-decision-making-snafu?next_slideshow=1
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事