【01Blog】名古屋に起業家の息吹を感じた日「Startup Weekend NAGOYA」

投稿者:Goda George
2015/07/07 02:27

Startup Weekend NAGOYA、そこに多くの世界を変える未来の起業家を見た。

Startup Weekend Nagoyaの2015年6月開催分のJudgeで最終日だけ参加させて頂きました。そもそも、日本は起業活動が低調なんですが、東京、大阪、名古屋は大きな都市圏ですが、全体的に名古屋は起業が低調な印象があります。では、人材がいないか?というとそういうわけでもないですね。名古屋はが保守的だとか色々な意見はいくらでも出てくるのですが、シリコンバレーでさえ、そもそも人為的に創られたものです。

そう、文化は変えられるのです。

今回はそんな気持ちにさせて頂けました。

IMG_2869

Startup Weekendは世界中で展開されており、54時間(3日)でアイデアの絞込、仮説検証から、可能であればプロトタイプ(MVP)まで創ってしまうというものです。小生は過去に東京開催の時に、プレゼンテーターとして呼ばれて、参加したことはありますが、実際にはプログラム全体を通して参加したことがありません(すみません)。参加理由は人それぞれでしょうが、仲間集め、起業の疑似体験、あるいは本当にそこから起業される方もおります。特に途上国では起業のキッカケになっているケースが多く見られます。

SW2014shachi_png

愛知では名古屋を中心に2013年から6回のStartup Weekendが開催されております。女性向け、ゲーム向けもあったそうです。Startup WeekendだとIT系という印象もあるんですが、アナログゲームでもOKとのことで下記がその時の成果物で今、頑張って販売をされようとされております。素晴らしいですね。

IMG_2868

今回のファシリテーターの松本さん(左)に色々教えて頂きました。真ん中がオーガナイザーのAsanoさん。

IMG_2865

ビールパーティが最初にあるので、なんとなく、仲良くなります。チームは3名以上いればOKで、できるだけ場の雰囲気に任せます。役割は3つですね。

IMG_2863

最初にアイデアを持ってきた人が1分ピッチして、投票(今回の名古屋では21名がピッチ)。もう一回再度絞り込んで10名でピッチして、チームビルドします。アドバイスをするコーチが5名(今回は参加30名で6チーム)居ました。外部から人を引っ張ってきてもOKですし、オフショアを使うような場合もあり得ます。

Startup Weekendではユーザーインタビューを重視するとのこと。期間中に例えば町で潜在顧客に直接ニーズを聞きに行くという感じです。ピボットするのも勿論頻発します。Startup Weekendは下記の3つの特徴があります。

  • アイデアコンテストとは違う
  • ハッカソンとは違う(顧客の問題を解決したか?つまり、ユーザ調査いわゆるPDCAが入る)
  • 起業を促すものでもない。(会社設立を促すものではない)

 

プログラムに参加した人はオーガナイザーになれる権利があります。起業でも重要なPDCAを素早く回すプロセスを体感できますね。ピッチの方法なども教えて頂けます(特に相手の聞きたいことを話すなど)。

どこどこの二次データが、ではなく、顧客インタビューも入りますので、自分の言葉で(具体的な言葉で)話すことが推奨されるのも特徴ですね。まぁ、悪くは無いんでしょうが、エンプティルーム(鶏卵モデル)系は、果たしてできるの?が求められます。

おお?こんなところで旧知の方々とも遭遇!(世界は狭い!)

IMG_2872 IMG_2876

同じくJudgeで参加した三浦さんのコメント。

IMG_2887

ピッチ大会になります。実にいいですね。面白いビジネスモデルを聞けました!色々言いたい放題言いまして恐縮です!ビジネスモデルの問題点の指摘から、途中からどうやったらもっとこのモデルが大きくなるのか?というコメントに切り替えまてみました。

IMG_2889

ピッチも終わり、優勝者も確定。少しJudge三名でコメントさせて頂いた後に、ファシリテーターの松本さんからまとめ。小気味良いファシリテーションが最高にCoolでした!

IMG_2893

オーガナイザーの皆さま、お疲れ様でした!皆さんによって名古屋は変わりますね。

IMG_2896

最後は懇親会です!Judgeの三浦さんが参加者と熱くディスカッションです。

IMG_2901

今回のオーガナイザーでも活躍されたTakaeさんもお疲れ様でした!

IMG_2899

多くの名古屋やその他の地域の方々が起業や事業創造に向かわれることは実に素晴らしいことだと思います。オーガナイザーの皆さま本当にお疲れ様でした。皆さんの努力は少し先になるかも知れませんが、名古屋がアジアの偉大な事業創造の発祥地になることできっと報われることでしょう。

重要なのは行為そのものであって、結果ではない。行為が実を結ぶかどうかは、自分の力でどうなるものではなく、生きているうちにわかるとも限らない。だが、正しいと信ずることを行いなさい。結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ。by マハトマ・ガンディー

Gandhi_suithttps://en.wikipedia.org/wiki/Mahatma_Gandhi

タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事