【01Blog】え?今はまだ今の会社でできることがあるのは本当?

投稿者:Goda George
2015/07/20 05:35

今はまだ今の会社でできることがある?それは本当なのでしょうか。

職業柄様々な大手企業の新規事業の方々とお話させて頂きます。大手企業のリソースを使って大きなビジネスをやられている方もいらっしゃいます。そのコツは様々ですが、下記などは重要でしょうか。

  • 自分の仲間を創ること。政治力。巻き込み力。
  • 過去の実績(少なくとも実績は最初に必要)。
  • 突破力(時間はかかれど、何かを推進する力)。

 IMG_2853

もちろん、今日・明日に事態が好転するわけでもありませんし、場合により数年〜10年単位で何か会社の力を使って大きな事をするには時間がかかる事もあるでしょう。ひとつ言えるのはその会社がどうか?というよりもその個人がどうか?と個人の裁量に相当影響を受けることです。結局、大手企業でもその「個人」による影響はとても大きいと思います。人によっては少し会わないと全然世界が変わっている人も居ます(その分野の素人だった人が第一線で活躍!)。ここは優秀な方がいらっしゃるなぁと舌を巻く瞬間です。

半年〜1年もあれば大企業で活躍する人が別人のように(その分野に精通)なっているケースも多々見られるのも事実です。

一方で、下記のような話を聞くことも多々有ります。

  • 今の会社ではまだやることがある。
  • 今はまだ新しいチャレンジがある。

 IMG_2001

それぞれに努力されておりますので、その言葉のままで「まだやれることがある」という状態もあるでしょう。最初に書いたように実際に凄い活躍されている方も居るのです。

問題はその時間軸(どれぐらいの変化/時間)なのか?

と思います。一つ意識しなければならないのは、

特に日本企業は世界でも遅いと言われています。そして、世界はとても早く動いています。

ということです。正直、1年単位でかなりの変化が見えそうな予感が無ければ「今の会社でできること」ということは疑ってみても良いのではないか?と思います。実際に多くの会社で1年前とは大きく異る人に沢山会うんです。これは能力もあるでしょうが、ポジションにもよるでしょう。

かなりの大手の会社でも1年程度で大きな変化をしている個人に会います。仮に自分がそうではないのであれば「今の会社でやることがある」は本当なのでしょうか?

期限を決めてはどうでしょうか?2年、3年でもいいですね。会社では難しいから起業と短絡的に考えなくても良いと思います。転職である必要もない。少なくとも2年、3年という単位を使えば会社に完全ではなくてもインパクトを出せるような変化は興せると思います。それができないのであれば、自分の「仲間づくり・巻き込み力」「過去の実績」「突破力」に問題があるとも思えます。

その時は、別の道を探されてはどうでしょうか?社会人大学院に行ったり、週末にボランティアをされるなども素晴らしいと思います。問題はそれが自分の問題に直接関与しているのであれば?です。本当にボランティアを心から楽しんでいるのであればそれでも良いと思います。会社の経営企画を行う上で自分の知識が足りないので大学院に行くのも良いでしょう。しかしながらそれが仮に自分の直面している問題から目を逸らすことであれば本当に優秀な人間がもったいないと思うのです。少しで良いのでもう少し勇気をもって頂きたい。沢山の方々が勇気をもって事態を好転させているのですからできないはずは無いのです。期限を決めて事にあたりましょう。

この世で成功する人とは、立ち上がって、自分が望むような状況を探し回り、もし見つからなければそれを創り出す人だ。by バーナード・ショー

タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事