【01Event】01Dojo / 01Boosterイベント開催案内

投稿者:Goda George
2013/10/01 04:06
事業創造の成功確率をあげるキーファクターは何か? 〜リソースの「不足」と「偏在」、「つながり」と「生態系」、「行動する人」と「しない人」〜 事業創造オフィス「01Booster」が、事業創造に特化して「行動する人」をつくるアクティブラーニング・プログラム「01Dojo」を開始します。11月の開講を前に、01Dojoの描く未来について、各方面の第一人者と語り合うプレイベントを開催します。大企業経営者、ベンチャー経営者、ソーシャルビジネスの現場を知る起業家に加えて、教育学(経営学習論)の研究者や経営学(組織行動論)の研究者が一同に介して、「事業創造の成功確率を高めるキーファクター」についてディスカッションします。ぜひ、この機会にご参集ください。 日時 2013年10月25日(金) 18:30会場/19:00〜21:30 (注意)台風の影響により開催が難しくなった場合は10月24日(木)15:00までに当ホームページ上でお知らせいたします。 場所 プラス株式会社ショールーム 東京都千代田区永田町 2-13-5 赤坂エイトワンビル 1階  Access プログラム 事業創造の「生態系」と「行動する人」をつくる01Dojoの挑戦(20分) 鈴木規文 氏 :株式会社オープンミートアップ代表取締役 事業創造オフィス「01Booster」 主宰 ビジネスパーソンにとって、一人前「後」の挑戦課題は何か?(30分) ー経営学習論から01Dojoへのアカデミックコメントー 中原淳 氏:東京大学大学総合教育研究センター/准教授・東京大学大学院学際情報学府/准教授(兼任) 休憩(10分) パネルディスカッション「人が育つために必要な環境とは?実務と理論からのインプリケーション」(90分) ■ パネリスト 中原淳氏:東京大学大学総合教育研究センター/准教授 ・東京大学大学院学際情報学府/准教授(兼任) 伊藤羊一氏:プラス株式会社 執行役員ヴァイスプレジデント 南章行氏:「ココナラ」を運営する株式会社ウェルセルフ代表取締役。 岡本佳美氏:株式会社アム 代表取締役 NPO法人フローレンス 理事/創業期副代表 鈴木規文氏:株式会社オープンミートアップ代表取締役 事業創造オフィス「01Booster」 主宰 ・ モデレーター 国保祥子氏:静岡県立大学経営情報学部/助教・慶応義塾大学SFC/非常勤講師 参加費 3000円(軽飲食付き) 共催 01Booster/01Dojo/プラス株式会社 講演者ご紹介  中原 淳 氏 東京大学 大学総合教育研究センター 准教授。東京大学大学院 学際情報学府 (兼任)。東京大学教養学部 学際情報科学科(兼任)。大阪大学博士(人間科学)。北海道旭川市生まれ。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院 人間科学研究科、メディア教育開発センター(現・放送大学)、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員等をへて、2006年より現職。詳しくはこちらを。  伊藤羊一 氏 プラス(株)ジョインテックスカンパニー執行役員、ヴァイスプレジデント。(株)教育環境研究所取締役。1967年生まれ。東京大学経済学部卒業。グロービスオリジナルMBA修了。日本興業銀行から2003年にプラスに転じる。興銀では企業金融、国際業務企画、証券化、事業再生支援に従事。プラスでは、流通カンパニーにおいてロジスティクス企画、グループ事業再編、マーケティング・営業統括などを務め、同社の史上最高の売上と利益の達成に貢献する。12年11 月より現職で、事業全般を統括している。ソフトバンクアカデミア所属。元ベガルタ仙台サポーターとして、無類の『ジャイアントキリング』好き。社員研修の講師として「企業の経営戦略はサッカーのチーム戦略と同じ」と教えている。  南章行氏 知識・スキルの販売サイト「ココナラ」を運営する株式会社ウェルセルフ代表取締役。慶応義塾大学を卒業後、1999年4月、住友銀行(現三井住友銀行)に入行。運輸・外食業界のアナリスト業務などを経験したのち、2004年1月に企業買収ファンドのパイオニアであるアドバンテッジパートナーズに入社。5件の投資案件を担当し、投資先企業の役員としての経営改善活動や、良好な投資リターンの実現に貢献。2009年には英国オックスフォード大学経営大学院(MBA)を修了。現地で出会った「音楽を使った若者向け社会起業プログラム」ブラストビートの日本法人(NPO)設立を主導した他、オックスフォードの同期が設立したNPO法人二枚目の名刺にも参加するなど、個人の自立・自律をサポートする活動に積極的に参加。東日本大震災をきっかけに2011年6月にアドバンテッジパートナーズを退社し、自ら代表として株式会社ウェルセルフを設立。  岡本佳美 氏 株式会社アム/代表取締役 ブランド経営コンサルタント。大学卒業後、広告会社勤務を経て2000年独立。2005年、病児保育の「NPO法人フローレンス」の副代表として事業の立ち上げに参画。事業開始当初の2年間の広報活動において7億円以上の露出効果(広告換算)をあげるなど「社会起業家」や「ソーシャル・ビジネス」への社会的関心の高まりを創出。2008年、黒字化を契機に理事就任。以来コンサルタント業を主軸に戻し、民間企業や学校法人、NPOなどのブランド経営をサポートする。認定NPO法人フローレンス/理事。NPO法人クロスフィールズ/理事。  国保祥子 氏 静岡県立大学経営情報学部助教・慶應義塾大学総合政策学部非常勤講師。経営学博士(慶應義塾大学・2011年)、専門領域は組織マネジメント。「ヒト」の観点から新規事業やベンチャー・ビジネスを研究。静岡県立大学、慶応ビジネススクール、慶應SFC、民間企業、行政機関など、様々な対象に向けたケースメソッドでのマネジメント教育経験豊富。育成したい人材像に合わせたカリキュラムのデザインから、教材開発、講師業務等、一貫した人材育成プログラムを提供します。代表的なものに慶応ビジネススクールでの「地域起業家養成研修」「ソーシャルビジネス応援プログラム・経営力スキルアップ講座」など。ソーシャル・ビジネスやベンチャー・ビジネスに関するケース教材や教育カリキュラム開発の経験多数。代表例は「株式会社いろどり」(2006年)、NPO法人フローレンス(2009年)、株式会社キッズベースキャンプ(2009年)等。  鈴木規文 氏 グロービスMBA。カルチュアコンビニエンスクラブで経営企画室を経て、コーポレート管理室長(兼)財務グループIRチームリーダー(兼)人事グループ人事リーダー。その後、次世代型アフタースクール『キッズベースキャンプ』を創業し、東京急行電鉄に事業売却。同社取締役を退任後、株式会社ネクストマーケットを設立、代表取締役就任。さらに2012年3月、01Boosterを運営する株式会社オープンミートアップ共同創業、代表取締役就任。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事