プレ01Dojo!!「気楽に本音で起業を語ろう!第二回モヤモヤソン」2014年5月28日開催!

投稿者:Goda George
2014/04/21 20:41
01Dojoのプレイベントの登竜門的モヤモヤソン! モヤモヤしたアイデア状態も歓迎です。 「第二回モヤモヤソン」を開催します。是非、ご参集ください。 01Dojoのプレイベント「第二回モヤモヤソン」を2014年5月28日(水)に開催します。起業にご興味のある方はプラン有り無し、真剣度、その他に関わらず、是非、気軽に遊びにいらしてください!趣旨を文末に記載しました! 日時:2014年5月28日(水) 場所:01Booster Share+ (5F) アクセスはこちら! 時間:19:00 – 22:00 参加者:起業にご興味のある方、起業家と交流したい方などどなたでも(プランの発表の有無は問いません) 参加費:1000円(飲食代) 参加申し込みはこちら【スケジュール】 19:00 – 開場(ネットワーキング) 19:30 – 20:30 希望者のピッチ大会(モヤモヤした状態歓迎です!) 20:30 – 21:00 01Dojoとは? & フリーディスカッション(鈴木代表、George共同代表他) 21:00 – 22:00 ネットワーキング&懇親会 参加申し込みはこちら【01Boosterオープンオフィスの趣旨】 01Boosterの運営者はこちらモヤモヤソンとは? 起業をして素晴らしいビジネスを立ち上げた。そんな方も最初はモヤモヤしたアイデアや考えから始まっていると思います。01Boosterではこのモヤモヤ状態を大切にしたい。このため、どんなアイデアや考え、あるいはこんなことをやりたい!でも結構ですので皆さんの前でお話してみませんか?ご参加をお待ちしております。 第一回の様子 01Boosterとは? 01Boosterは大企業とベンチャー企業両方での成功経験を持ったメンバーにより運営されております。日本にイノベーションを伴う新規事業を興すには、企業では既に仕組み的に難しい部分も多く(マネージメント型のため新しいものは排除されてしまうこと。また、新しいことを実施するのにコストと時間がかかる)、いかに米国企業のように外部リソース(大学やベンチャー企業)を活用するかが重要です。但し、企業とベンチャー企業を単純に会わせてもカルチャーが違いすぎてうまく行きません。そこで我々は企業とベンチャー企業を協業させるプログラムを提供していきます。 01Boosterオープンオフィスとは? さて、ベンチャー(起業)の方に目を向けると、IT系に関しては沢山の教育プログラムもありますが、シリコンバレーをベースとしたものが多くITに偏っていることも合わせて日本の実情に合わない問題が有ります。また、あくまで起業は一手段であり、要は「新規事業」が興せれば良いわけです。一方、この起業に関しての知見には実施した人とそうではない人と非常に大きな差があります。そこで、もっと、起業に関して本当のところをある程度気軽な環境で話しましょうということを01Boosterオープンオフィスの趣旨としております。要は、最初に「何をしたいか」が来る。次にその手段として「起業」という選択肢を持っておく方がオプションが増えます。そこで、起業とはどんなものか?ということを気楽な形で話してみようというイメージです。今回は、数人の方から簡単なビジネスプランを話したいというリクエストを頂いていますので、プランを聞きながら、こんな感じにしていけばというポジティブな話をしていくイメージです。後は、01Boosterにベンチャー企業が45社ほど入居しておりますので、ネットワーキングなども実施しようと思っております。「起業の本当のところを本音で気軽に話せる場を提供する」これが01Boosterオープンオフィスの概念でもあります。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事