【01Event】2015年4月新制度施行、どう変わる子育て支援ビジネス/放課後アフタースクールビジネス?!

投稿者:Goda George
2015/02/04 20:48
新制度施行で注目を集める子育て支援ビジネス。2015年4月より新制度の施行、指導要領改訂を見据えた小学校教科書の改訂、そのような中で必要な対応は?!進化すべきことは?!放課後アフタースクール(民間学童保育)を中心に子育て支援事業経営者や知見者を含めが集合し、その実態と可能性、将来について語り尽くします。 お申し込みはこちら 【開催概要】 日時:2015年3月13日(金) 時間:19:00〜22:00 場所:01Booster/01Garage 「4F」です (アクセスはこちら!) 〒106-0044 東京都港区東麻布1丁目7−3 第二渡邊ビル4F 参加費:3,000円(懇親飲食代含む)※会場払い 参加対象:どなたでも参加いただけます。 定員:40名 お申し込みはこちら 【参加費】 3,000円 【スケジュール】 総合司会:合田ジョージ 18:30-19:00 集合、ネットワーキング 19:00-19:10 01Boosterの紹介 19:10-19:30 今アフタースクールで伸ばせる子どもの力とは?」森博樹氏 19:30-19:50 「子育てノウハウシェアメディアcozre(コズレ)のご紹介松本大希氏 19:50-20:00 「”保活(ホカツ)の壁”を乗り越える、保活支援サービスの取り組み」長岡美恵氏 20:00-20:20 新制度施行に伴う放課後アフタースクールでの必要な対応とは?」村上竜一氏 20:20-21:00 パネルディスカッション:新制度でどう変わる?民間学童業界ファシリテーター:鈴木規文氏 パネリスト:森氏、松本氏、村上氏 21:00-22:00 ネットワーキング ※スケジュールは変更する可能性があります。 【講師経歴】 Mori 森 博樹 氏 一般社団法人子供教育創造機構 代表理事。大学卒業後、日本電信電話(株)入社。NTT東日本(株)では研究開発を担当。NTTコミュニケーションズにてサービス開発を担当し、大手海外ソフトウェア会社との事業提携から人材のグローバル化対応の必要性を経験する。同時期にグロービス経営大学院で「ソーシャルビジネス」に感銘を受け、2010年に長女が生まれたことを切っ掛けに「グローバル社会を意識した子育て支援事業」の創業を決意する。 Matsu 松本 大希 氏 株式会社トウキョウアイト 代表取締役社長。1983年3月7日生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。2005年入社の㈱マジカルポケットでは、社員数3名から20名までの会社の成長にマネージャーとして貢献。特に、上場企業のIRサイト構築、東京証券取引所・上場企業を繋ぐXBRLデータシステム(100社以上の上場企業が採用)等のサービス開発のディレクションに従事。2011年慶應ビジネススクールに入学。日本における主要UGCメディアの成功条件を研究。また在学中には㈱クロコスにて、事業立ち上げも経験。卒業後、2013年7月に㈱トウキョウアイトを創業。これまでのサービス立ち上げの経験、及び研究成果を踏まえ、子育て情報共有サービス「cozre(コズレ)」の開発・提供を行う。 名称未設定 長岡 美恵 氏 一般社団法人ソーシャル・エンパワメント 代表理事。慶應義塾大学総合政策学部卒。環境系シンクタンクにて官庁・自治体の調査業務に従事した後、宇宙開発事業団(現:JAXA)にて国際研究プロジェクトに携わる。その後、国内会計系コンサルティングファームおよびボストン・コンサルティング・グループにて、多様な業界の上場・非上場企業の経営コンサルティングに携わる。 2014年3月、一般社団法人ソーシャル・エンパワメント設立。保活アドバイザリーサービス、保育所向けコンサルティング等を手掛ける。NPO法人子育て学協会認定CFC(チャイルドファミリーコンサルタント)。保育士。 10965559_791481667592946_1032216205_n 村上 竜一 氏 大学卒業後、進学塾を経営する㈱俊英館に講師として入社。主に教室の新規立ち上げを教室長、地区長として携わる。2007年4月より㈱エムアウト キッズベースキャンプ事業部に入社(後に東急電鉄に売却、株式会社キッズベースキャンプに)。店舗統括マネージャーとして、全店舗の運営管理を担う。2012年4月にはプロジェクトリーダーとして、PISA型学習を加えたキッズベースキャンプαの1号店をオープン。2014年7月より(株)ウィズダムアカデミーに運営本部部長として入社、全店舗の運営管理を担う。 5da161615b4ec752d7b4b05addd2db01 鈴木 規文 氏 大学卒業後ゼネコンを経て、99年カルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱に入社、財務、経営企画、IR、人事を中心に従事。CCC在職中、IPO、東証1部指定替えPJメンバー。06年㈱エムアウトにおいて「キッズベースキャンプ」を3人のメンバーで創業。08年同事業を東急電鉄に売却。11年同社取締役退任後、現職。現在、企業向け新規事業開発支援事業を展開し、東麻布でインキュベーションオフィス01Booster(http://01booster.com/)を運営する。明治大学政治経済学部卒業、グロービスMBA修了。
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事