5月30日佐賀から未来を創る!「SAGA 未来 VISION」ビジネスプラン創造イベント開催

投稿者:Goda George
2015/03/20 16:57
佐賀から未来を創る!「SAGA 未来 VISION」開催!ビジネスプランの基本的な部分を一緒に創りましょう!

01Booster

5月30日(土)に佐賀にてビジネスアイデアの膨らまし方と、ビジネスプランの基本的なまとめに関してのセミナーを実施します。是非、この機会にお集まりください。 開催概要 日時:2015年5月30日(土) 場所:佐賀市市民活動プラザ(アクセス) 時間:13:00〜19:00(12:30開場) 参加費:2000円 定員:45名 参加要件:20〜39歳まで(サポーターとしての参加の方は、年齢は問いません) お申し込みはこちら! ※ フライヤーにてFaxでもお申込み可能です → SAGA_MIRAI SAGA未来VISION 詳細 1. 概要 キャリアの絶頂期である20代-30代はなんのためにあるのだろうか。世の中の情勢が見えてくるこの年代。どちらを見渡しても日本の将来が安泰な話など聞くことは無く、高度経済成長期を経て生まれてきた僕たちは、10~20年後何をしながら生きていっているのだろう。東京一極集中で経済が縮小しつづけている日本地方都市が復活する方法は何なのか? 世界グローバリズムの波に乗れなければ地方の未来はない。大きな日本の転換期と言われている2020年東京オリンピック後にどのようにして戦っていくべきなのか。古い秩序を壊し、新しいことに挑戦し、新しい伝統を築く。そんな気概に燃える時期である20- 30代が集まり、手を取り合って佐賀を盛り上げるためのビジネスプラン創造イベントを、日本でも初に近い本格的事業創造アクセラレーター企業である01boosterとコラボ企画で開催します。 佐賀を盛り上げたいと想う志を持つ志士大募集! 2. スケジュール 12:30 〜 開場 13:00 〜 日本アジアビジネス協会 役員 野中氏挨拶 13:10 〜 「今世界で起きていること」日本や世界の新規事業創造の状況を語ります 01Booster 共同代表 合田ジョージ氏 13:25 〜 ビジネスプランのワークショップ(グループに分かれてアイデア出しやプランのまとめ上げを行います) 17:30 〜 ビジネスプランの発表会 18:35 〜 閉会の挨拶(19:00までには完全撤収します) ワークショップに関して ワークショップは4名程度のチームを創って頂き、ビジネスモデルを創る上でのエッセンスのご紹介を挟みながら、アイデアの膨らまし、収束、そして、ビジネスモデルの基本となる項目に関してまとめ上げます。最後に、その結果を皆で発表し合います。今後、新しいビジネスを創る上での参考になれば幸いです。 山口県萩市で過去に実施した例はこちらIMG_9575 ワークショップの様子(山口県萩市開催 2015年2月28日〜3月1日) 3. 主催・後援 主催 株式会社九州構造設計 株式会社ゼロワンブースター / 事業創造アクセラレーター・経産省による紹介冊子 → 01Boosterとは 後援 一般社団法人日本アジアビジネス協会 中小企業基盤整備機構 スクリーンショット 2015-04-01 11.23.42 4. 講師・ファシリテーター 01Booster 合田ジョージ氏 株式会社ゼロワンブースター共同代表 MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在はWEGLO Japan Inc.にてInternational Media、01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。 10155857_864084200316178_2082664715393617995_n 野中一矢氏 株式会社ASTO System 企画部主任 一般社団法人日本アジアビジネス協会 事務局次長 27歳の時、音声の可能性に着目し、音声SNSのベンチャー企業を設立。 特許を取得し、音声SNS市場の開拓を目指して多数のVCを駆けまわる一方、大企業や芸能人などとコラボ企画を実施。東日本大震災から1年後に、ユーザーから「ありがとう」を集め台湾へのお礼のメッセージを送るなど、様々な企画を行う。しかしVCからの出資を得ることができず資金難のため開発を停止する。 現在はASTO System にて教育システムのモデル構築や販路開拓などの活動を行うとともに、日本アジアビジネス協会の役員としてグローバルな戦略構築に携わる。  
タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事