【01Event】MBA出身者限定 / 新しい働き方としての「起業」という選択肢を語る!

投稿者:Goda George
2015/07/30 16:53

MBA出身者が世界を変える? 新しい働き方としての起業という選択肢を語ります!

大手企業から起業、社内での新規事業立ち上げ、中小企業の経営などMBA出身者の生き方は様々。この機会にネットワーキングを兼ねて語りましょう。

ビジネススクール(MBA)を卒業した方々の起業が最近増えております。今回は慶応ビジネススクールの卒業生の起業家やその他のMBA卒業生で起業している、していないに関わらず集って起業を始めとする「働き方」に関して語り合い、ネットワーキングする機会を創りました。是非ご参集下さい。

【開催概要】

日時:2015年8月28日(金)
時間:19:00開場、19:30開始
場所:01Booster (アクセスはこちら!)
 〒106-0044 東京都港区東麻布1丁目7−3 第二渡邊ビル4F 01Garage
 都営大江戸線赤羽橋駅(5分)または日比谷線神谷町(7分)
参加費:1000円(飲食代込)

参加者:MBA出身者(起業の有無は問いません)。MBA出身以外の方は info(at)01booster.comにお問い合わせ下さい。

お申込はこちら

【スケジュール】

19:00 開場
19:30 - 19:40 01Boosterの説明
19:40 - 20:00 関係Startupの事業内容ピッチ
20:00 - 21:00 懇親しながら働き方をディスカッション
21:00 - 22:00 懇親会

【講演者】

スクリーンショット 2015-08-06 21.08.29

片岡和也氏
株式会社iCARE 取締役 最高実行責任者(COO) 兼 マーケティング本部長(CMO)/
主に新規事業企画業務を担当し、新たなヘルスケアビジネスの経営戦略を策定中。前職の西日本電信電話株式会社では、幅広いアライアンス事業をプロデュース。日本流のオープンイノベーションを目的とした、大企業とベンチャー企業の「共創プラットフォーム」を目ざす団体「コトの共創ラボ」を設立。通信会社とテレビ局の日本初コラボレーションとなるハッカソンイベント「NTT西日本×TBS TV HACK DAY」を企画し成功に導く。京都大学農学研究科修了。慶応義塾大学大学院経営管理研究科(慶応ビジネススクール)MBA取得。

01Booster

鈴木 規文氏
㈱ゼロワンブースター代表。MBA。カルチュアコンビニエンスクラブで経営企画室を経て、コーポレート管理室長(兼)財務グループIRチームリーダー(兼)人事グループ人事リーダー。その後、次世代型アフタースクール『キッズベースキャンプ』を創業し、東京急行電鉄に事業売却。同社取締役を退任後、株式会社ネクストマーケットを設立、代表取締役就任。さらに2012年3月、01Boosterを運営する株式会社ゼロワンブースター共同創業、代表取締役就任。

01Booster

合田 ジョージ氏
㈱ゼロワンブースター共同代表。MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルアクセラレーションプラットフォーム構築を目指す。

タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事