01Blog / 選択と集中という当たり前で難しいこと

投稿者:Goda George
2016/01/27 00:00

色々なことに関わっていたいと言われる方もいます。そのような事を好む方もいらっしゃるでしょう。しかしながら、実際には一つの方向性に集中して無駄なことはしなくなるというのが成長する企業には必要になる気がします。

スリッパの法則という本があります。伸びる企業とそうではない企業の見分け方です。業界団体や、車、社長室の豪華さなど、要点としては、達成感を持ってしまっていると成長しない(それが悪いわけではないですが)ということと、それに類似することで、自分の事業に集中せず、(ビジネスに強い関係の無さそうな)団体活動、講演活動などに精を出しているのは企業の成長としては問題というところです。確かにそう思います。

ここに成功の10訓というのがありますので、目を通すと面白そうです。簡単に言うと、自分の強い分野で理想を追い求めすぎず、集中してビジネスをせよということかと思います。

その事業が成功するか、あるいは破綻したことが明白になるまで、別の事業に移ってはならない。by P.T.バーナム

「チームで一つのことに集中していた人たちで負けた人を知らない」、「色々な事をやっていると勝った人を見たことがない」という話を聞いたことがあります。真理だと思います(ランチェスター戦略ともいえます)。

小生としても同じように一つに集中するのは嫌だと思ってきました。何かに縛られるかのようです。様々な会社に関わってやっていくということが面白いのではないか?と思っておりました。一方で今は一つの目標(日本を事業創造できる国にして世界を変える)に応じた行動しか取りたいと思いません(目的志向の無いことはしたくない)。単細胞な性格かも知れませんが、そう思えるのです。これは自分でも少なからずの驚きで、経営とは捨てることというのがハラオチしてくる瞬間でもあります。要は生存するために集中していくのです。

事業の立ち上げは類似性があると思います。一つの事(事業分野)をやっているように思えても「広報」「戦略」「マーケ」「ビジョン」「価格」「オペレーション」「営業」「人事」「手段(ビジネスモデル)」「マネタイズソソースの拡大(多角化)」など様々な要素が出てきます。一つの事業分野でも沢山の業務を行うことになります。逆に様々な分野で「人事」とかに特化して動くというのもあるかも知れませんね。それはそれで集中。

競走は激しいのですの、その結果、一つの目的に集中して様々な施策を統合するという形ではないと成長もできないし、気迫も出ない、何かを達成することもできないという感じになる気がします。

成長のための戦略をもたなければならないだが第一になすべきことは、どこで、いかにして成長するかを決めることではない何を捨てるかを決めることである by ドラッガー


タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事