01Blog / 起業とは教えられるものか?

投稿者:Goda George
2016/01/28 00:00

起業にも3つの種類があり、独立、中小企業、グルーバル事業機会型に分かれるかと思います。ここでは急成長を目指すStartupと呼ばれる起業のカタチが果たして教えられるものなのか?という疑問です。独立という形であれば教えられる気がします。一方で、Starupでどーんと大きくするものをノウハウ的に教えられるものか?という疑問は残ります。非常に難しい課題ですね。

運命論的に言えばDNAで決まるから、才能の問題となるでしょうし、欧米などは人生は変えられるという考え方をするでしょうから、なんとかなるということになるでしょう。

日本においては起業をされている人が少ないので、教えられる人材は限られているかと思えます。起業経験+成功経験(失敗経験も重要ですが、成功側でも独自の経験があるかと)のある方ですね。かつ、それが、Startup(急成長を目指す組織)の経験である必要がある。

そもそも起業家や起業家精神とは何か?ですが、Entrepreneurial Spirit というものが近いかと思いますので、ここ(Inc.com)にその特徴があります。

・情熱を持つ

・いつもどうやったらもっと上手くできるかを問い続ける

・全ての可能性に楽観的である

・「計算された」リスクを取る

・そして実行する


ということだそうです。これを考えると、そうなるように、と伝える事は可能で、様々なプロセスを教える事も可能であると思います。つまり、経験者(の方が深みが増す)が教えることは可能であろうと。問題は、では、その後、勝てるか?となるとちょっと別の話しになる気がします。オペレーションが得意な人、サポートが得意な人、様々な「強み」があると思います。ここにあるように、会社の成長過程で求められる人格も異なります。全員が全ての分野で高い能力を発揮する事は難しいでしょう。文末のように、大きな成功者はどこかに欠点を持っていたりします。その代わり、強い部分もある。総合的に◎というのでは勝てないのかも知れません(COOやマネージャーとしては良いでしょうが)。

例えば野球を教えることはできますが、プロ野球の選手に誰もがなれるわけではありません。また、絵画も教えられますが、全員が食えるような芸術家になることもできません。才能があってもゴッホのように生前はあまり認められないケースもあるでしょう。

回りくどくなりましたが、起業自体は教えられると思います。但し、それが勝てるか?となると、チーム、運、才能の問題が出てくる。教育といっても、どちらかというと底上げではなく、トップをより、競わせるというのが起業ですし、かつ、一人でできるものではありません。チームで闘いますし。また、時流に乗って勝った方もいますが、シリアルアントレプレナーというものも存在します。実際に、成功体験は邪魔にもなりますが、勝ち方というものが身につく結果ともいえます。70%(経験) 20%(薫陶) 10%(勉強)の法則がありますが、これを置き換えると、教育で10%の起業家能力は付くのかも知れません。次に良いメンター(Startupのような急成長組織の経験のある)がいるかどうか(日本はそもそも少ないし、更に地域などは少ないですね)で20%、後は、70%が経験ということかと。では、これをもう少し改良すると。

35%の才能 / 35%の経験 / 20%の薫陶 / 10%の教育 としてはどうでしょうか。才能と経験の比率は難しいところですが、どれぐらいの規模を狙うかですが、世界で勝つとなると、もっとこの才能の比率を上げても良いように思えます。ミラクルが必要なスタートアップでは良い意味での「狂人」と「変人」さが必要かと、では、狂人や変人になることを教育できるかと言うと。。

上記をまとめると、起業家教育は座学では10%ぐらいはなんとかなりそうですが、そこに良いStartupを経験したようなメンターが必要、更には実践しないとそれ以上は伸びず、世界で勝つには+才能というところが落としどころかと思います。

タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事