01Blog / イノベーター理論・キャズム理論・そしてスタートアップ

2016.02.08

エヴェレット・ロジャースのイノベーター理論、普及学(Diffusion of innovations)は有名ですね。後はキャズム理論(ジェフリー・A・ムーア)でしょうか。イノベーションの要件も参考になります。


イノベーターが使い出し、その後、アーリーアダプターが使う(買う)。その後、爆発的に普及するということです。それに加えてキャズム理論では、アーリーアダプターとアーリーマジョリティの間にキャズム(深い裂け目)があるというもので、アーリーマジョリティへの働きかけが必要だと説いています。

さて、スタートアップにおいてはこの過程を辿るわけですが、ランチェスター戦略とでもいいましょうか、最初にはEarly Adoptersに集中するというのがあります。このエントリーを参照してみましょう。最初の段階ではどこもそうだったと。Facebookはアイビーリーグ、Linkedinはシリコンバレーのエグゼクティブ、アマゾンは本など。どこかに集中しているということです。

多くのスタートアップの間違いはいきなりEarly Majorityに行ってしまうということです。

この層は誰かに勧められないと採用しない(Referenceが必要)

このため、普通に勧めても使わない・買わないということですね。今一度、ここを考えましょう。普及させるには「実績はあるのですか?」と言われること。そのためにはどんなに良い物を作っていても普及モードには行かず、如何に最初の実績を創るか(アーリーアダプターを取るか)?が最初に必要であり、その後、アーリーマジョリティには別のアプローチが必要(アーリーアダプターに語らせるなど)だということですね。

・・・