01Blog / バルチック海運指数から世界経済の停滞に備える

投稿者:Goda George
2016/02/09 00:00

Wikiによると「バルチック海運指数(バルチックかいうんしすう、Baltic Dry Index)、通称BDIは、ロンドンのバルチック海運取引所が発表する外航不定期船の運賃指数。バルチック海運取引所は海運会社やブローカーなどから鉄鉱石・石炭・穀物といった乾貨物(ドライカーゴ)を運搬する外航不定期船の運賃を聞き取り、結果を取りまとめて同指数を算出、発表する。基準となる1985年1月4日を1000として算定している。」とのことです。

簡単に言えば原材料の海上輸送の状況を表している指標であり、世界の経済の一つの指針ともいえます。中国の経済状況を反映して今は低調ということですね。最近も非常に低調であると報告されています(2016年2月5日)。もちろん、船が沢山輸送拡大に向けて造られて余っているという見方もできますので、必ずしも経済悪化という短絡思考も良くないですが。


https://www.quandl.com/data/LLOYDS/BDI-Baltic-Dry-Index

経済悪化を考慮した事業創造活動(例えば固定費を増やさないなど)が必要ですね。

Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事