01Blog / 世界のコンサルティングファームのオープンイノベーション

投稿者:Goda George
2016/03/20 00:00

コンサルティング・ファームのランキング(その1その2)があります。世界のトップコンサルティングファームはスタートアップとどのような関係を持っているのでしょうか。

1. インキュベーター・アクセラレーターの状況

インキュベーションやアクセラレーターの特徴はまずは儲からないという事にあるかと思います。そもそもインキュベーション自体は資金的に苦しいスタートアップが安価に活用できる設備や相談窓口という意味合いが強く、大学や行政機関が行っているケースが多いです。アクセラレーターは事業立ち上げそのものになりますので、割の悪いコンサルともいえます(コスト的に1/5程度で回さないとならない)。また、自分自身にスケール型スタートアップの経験が必要になります。この点で、一般のコンサルティング・ファームがそのものを営利で行うのが困難な業態です(下にありますが、企業との兼ね合いで実施している場合やスポンサードが多い)。Y-Combinatorなどのキャピタル・ゲインを元にしたアクセラレーター、起業支援組織もありますが、どちらかというと、特にインキュベーターでは既にある程度の資産のある人(起業で成功した人)、途上国では財閥のご子息などによって運営されている、行政が公的資金で行っているケースが殆んどだと思います。アクセラレーターはこの中間でしょうか。いずれにしろ、コスト的には厳しそうなことと、スタートアップはオープンである必要があるので、秘匿との兼ね合いになります。

2. コンサルティングファームはスタートアップの業界にどう接しているのか

さて、このような状況でコンサルティング・ファームはどのような活動を実施しているのでしょうか。簡単にいえば、3つです。

  • アクセラレーターやインキュベーターにスポンサードやパートナーという形でネットワーキングし、そこから次につなげている。
  • Equityを取らないCSR的なアクセラレーターを運用している
  • 各種IP、会計他のStartup向けのサービスを展開している


3. アクセラレーター・インキュベーターへのスポンサーシップ・パートナー

Entrepreneur First(ef)

UKにある、非常に初歩的な起業家予備軍を扱うインキュベーションとアクセラレーションの間の子のような団体です。ここはマッキンゼーとKPMGがロンドン市と共にスポンサーをしておりますね。

SeedCamp

UKの有名なインキュベーター、アクセラレーターです。PwCがスポンサードしておりますね。

TechStars

US系のMentor Driven Accelerator(メンター主導型)の草分け的な存在ですね。PwCがパートナーに名を連ねてます。

Startupbootcamp

UK系の大型のアクセラレーターですね。ここもPwCがパートナーです。

Accenture

アクセラレーターやVCと協力した活動を実施(Open Innovation

4. 自社開催のものやサービス

Startup向けにIPやアカウンティングなどのサービスを実施しています。

Deloitte Digital Disruptors

これはアクセラレーターパートはありますが、投資はありません。行政やCSRに近いアクセラレーターです。その他、Innovation Centreも運営してます。

Accenture Innovation Lab

Fintechに特化したアクセラレーター、出資は伴わない。

EY Startup Challenge

Equityは取らない。プランコンテストに近い。顧客の紹介サービス等がある。

KPMG

ここはドイツテレコムのインキュベーションやその他、インキュベーターに協力しております。


Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事