01Blog / 起業成功までの法則「2年間の闇を超えてオーラが出る日」

投稿者:Goda George
2016/02/26 00:00

何か新しいビジネスを始める場合、一体どれぐらいの期間で立ち上がるのでしょうか。

もちろん、どのビジネスモデルを選ぶかにも依るでしょう。元々、自分が明るい分野だったり、顧客ベースを持っていたりなど、早期に立ち上がるビジネスもあります。ラーメン代稼ぎのようなものではないスケール型のビジネスでも半年ぐらいで黒字化しているケースもあります。

しかしながら、我々が色々な人と話しながら、事業化(ある程度、売るものがFixし、継続的にマネタイズできているレベル)までの道のりを聞くと・・

2年間の法則

を感じます。つまり、2年間ぐらいかからないと事業化には至らないということです。人によっては1.5年だったり、3年だったりと様々なんですが、およそ2年というところです。1年では短い。これが面白いぐらいに、皆さんそれぐらいかかっている。となると、ラーメン代稼ぎはしているかも知れませんが、2年間は無給(調達・借入無ければ)という可能性があります。ホテルはカプセルホテルだし、色々な部分でなかなか困窮しますね。この2年間は。

但し、恐れるなかれ、その後は給料も出てくるようになります。やっとこさ、投資ができるようになり、打ち合わせ等の飲食費を経費で「前向きに」落とせるようになり、言わば、前向きな事に関してお金を使えるようになります。システム投資も、あの手、この手で安く、タダで、手弁当で、という状況から、必要だったら(ささやかだとしても)投資をしようとなります。

2年間の闇はボロボロですね。なんとか立っているというか。自信も無いし、あれやったりこれやったり、だいたい、ビジネスモデルはほぼ初度のものと変更になってもいます(逆に違うと思って、最初の案を捨てたら、舞い戻ってくるケースもあります)。何が正しいかわからないから、創業者はひたすら責められるし。。

しかし、トンネルを超えると「オーラが出てきます」。久しぶりに会うとまるで別人に見えますね。一瞬同一人物なのか?と思うほどです。

逆に、2年間は立ち上がらないと心の準備をしておけば、その間、耐えられるような準備をしておけば良いとも言い換えられます。

まず生き残れ。 儲けるのはそれからだ。 by ソロス

タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事