01Blog / 急拡大するスタートアップの凄まじい学習効果「THE STARTUP POWER」

投稿者:Goda George
2016/03/29 00:00

創業は科学の実験に似ていますね。実験で一発で当たると思っている人はいないでしょう。さまざまな条件を試して、正値を見つけていきます。これは自然科学の世界ですね。答えは一つに定まる。一方で起業は社会科学ですね。ソロスの再帰性理論を思い出すと、社会科学には主観が入るので「人間は必ず間違う」という変数が入ります。

スタートアップは急拡大を目標とした組織です。

成功は失敗の母という言葉があります。逆に失敗で学べる事も多々有りますが、失敗だけしただけでは「勝つための考え方」を何も学んでいないかも知れません。少なくとも、人生一度は味わいたい、急拡大するスタートアップ。

急拡大するスタートアップには凄まじい学習効果があると思います。

スタートアップは創発行為

つまり、起業では科学実験のように様々な実験を繰り返して(大小のピボット)、スケールするビジネスモデル(正値)を見つけ、そこに不確定な要素が入るので、ビジネスモデルの正値は続かず、常に進化させて行く必要があるというまさに「創発」ですね。

スタートアップにおける高速のPDCAは既に出来上がった企業では味わえない

人によりニュアンスはあるのですが、起業をお勉強とは言いたくないというこだわりもあって、あまり言わないようにはしているんですが、急拡大したスタートアップの学習効果は正直凄まじいと思います。どん底から全米四位に成り上がった宍戸CEOは一般の大手企業の600倍はPDCAを回したとのこと。

私個人の経験としては600倍?ほどの根性は無いんですが、ありとあらゆる手を試すのは事実ですね。社内での承認が極めて早いので、本当にスピードが出ます。

スタートアップにおける学習効果

市場を常にチェック、誰も自分たちを知りませんから様々な広報戦略、様々なプロモーション手段の遂行、営業の改良や顧客の開拓(そもそもほぼゼロに近い場合もあります)、他社連携、社内システム、サービス化、サービスのシステム化、人材、会計・・・考えることは多肢に渡ります。特に0(ゼロ)を1(イチ)にする段階では非常に様々な試みを実施します。色んな人の話を聞きます。様々な人間のぶつかりやトラブルも経験します。市場理解速度は非常に高速ですね。

THE STARTUP POWER

私は前のスマホ広告のITスタートアップで、その前は部品メーカーです。広告の事は何も知りませんでした、狭い分野かも知りませんが、その分野の知見は広告代理店をあっという間に圧倒しました。

これがスタートアップのパワーです。

さて、01Boosterではベンチャー留学「01ベンチャー留学」をサポートしており、現在は第一陣が活躍しています。果たして企業の方も創業に携わることでどのように成長し、どのような未来を創って行かれるのか、今から楽しみですね!

Why don't you feel "the startup power"?

Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事