01Blog / Sharing Economyに関して

投稿者:Goda George
2016/05/07 16:55

少しSharing Economy / Collaborative Economyに関してまとめておきます。

Sharing Economyとは何か

Sharing Economy(共有経済)の定義をWikiでみてみましょう(p2p foundationの定義も参考に)。

昔からあったもので、B2BでもB2Cとも思える。例えば、B2Bでは農機具のシェア、B2Cではコインランドリーなど。しかし、3つの点でこの分野が活況を呈している。

  1. オーナシップ自体をシェアする。
  2. オンラインやソーシャルネットワークの関係で顧客同志を接続しやすくなった。
  3. モバイルや電子機器の効果でシェア自体が容易になった。

分類としては下記の3つになる。

プロダクトサービス

p2pで車をマーケットプレイスで貸すという類のもの

再販売(配布)システム

誰かには欲しくないものを、別の欲しい人にシェアする(販売する)、eBayなど

コラボレーティブライフスタイル

時間、場所、スキルなどのシェア(Taskrabitなど)

どんなサービスがあるか

こちらこちらに細かいところがよくまとまってますね。200個のサービスリストもあります。詳細に調べたい人は参照下さい。ここにはアイデアのリストもあります。

あまりにもたくさんありますので、ここでは分類の話をしておきます。

  • Peer-to-Peer の貸し借り
  • クラウドファンディング
  • 住居系のシェア
  • カーシェア、乗車シェア
  • コワーキング
  • 再販売、トレーディング
  • 知識や人材、労働のシェア
  • その他


といったところです。

シェリングエコノミーのマップ

最新のハニカム上にSharing Economy系のMap(Honeycomb)があります。これはVersion3.0になりますがv2.0からの違いは下記です。どんどん進化してますね。

  1. 新しいカテゴリーに「Worker Support」と「Analytics & Reputation」が追加されたこと。
  2. 「Health & Wellness」が「Wellness & Beauty」と「Health」に分解
  3. 「Transportation」が「Mobility Service」と「Vehicle Sharing」に分解
  4. 「Corporate」が「Corporations & Organizations」に分解


http://blog.near-me.com/the-collaborative-economy-honeycomb-is-growing

Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事