01Blog / スマートホームで考えること「nestの事例から」

投稿者:Goda George
2016/09/01 00:00

nest社はスマートサーモスタットを始めとするSmart Home製品を販売しております。Googleが3200億円(32億ドル)で買収したので、Internetに繋がるサーモスタットでそんなに払うとはバブルなのかなぁ?と思いましたが、今思えば納得感があります。現在は多少苦境にもあるのかも知れませんが、Smart Homeとしては大きな動きです。

一つ思うのはこのnest社の概念の高さでしょうか。

CEOはiPodの生みの親

nestの創業者は有名なトニー・ファデル氏。2016年6月にnest社のCEOを辞任したようではありますが、いわば、Smart Homeのように若干重そうな(ハードウエア要素の大きそうな)分野にこのような概念をお持ちの方が参入しているというのはイーロン・マスク氏のテスラに相通じるものがあります。つまり、全く別分野(別の価値観を持った)人の参入ですね。なぜ、nestを創業したのかは本人しかわからないでしょうが、理由はもっと見た目もエネルギーの使い方もスマートにしたかったということのようです。

Smart Homeは簡単に付くこと

将来は分かりません。ただ、現在は、既存の設備をインテリジェンスにするということが方向性なのかなと思います。いずれにしろ、これまた沢山あります。

Source : https://www.cbinsights.com/blog/industry-market-map-landscape/

例えばSkybellなんかは、そこまで大きな工事を必要ともせず、ドアベルをインテリジェンスにします。その結果、そこから様々なものがネットを介して繋がることでアプリケーションが広がります。何が言いたいかというと、重たい集中コントロールのインテリジェンスビルのようなものではなく、ちょっとした「簡単」なものが世界を変えるかも知れないということです。

Source : http://www.skybell.com

nestが凄いところ

nestのビジネスに関して解説したものがありましたので、文末にくつけておきます。簡単に言うと概念が高いのです。つまり、nestを介して例えばフィリップスのインテリジェンスライトとかスプリンクラーのコントローラーなど、例えばスマホを介して、それらのガジェットを操作・管理することが可能です。

つまり、ハードウエア(IoT系)のアプリマーケットですね。

何かガチガチに1社が作りこむのではなく、様々なベンダーに開発環境を用意する(work with nest)。このような方法はなかなか日系では難しい感覚です(インテリジェンスビルのようなものを創ってしまう)。いかに「エコシステム」を創るかという概念がこれからのStartupにはとても重要になると思います。ビデオで概念が分かりやすいので参考に。


Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事