01Blog / 企業内と起業では本当に別世界なんです

投稿者:Goda George
2016/09/10 00:00

日本は起業活動率が低く、雇用されている人が圧倒的に多いので、起業される人の多くが会社から出てくると思います。これがやり方から考え方まで全く異なるのでこの「Unlearning」「垢落とし」に相当苦労すると思います。但し、自分の「固定観念」は意識しないからこそ「固定観念」なので、全然自分で認識できないんです。これがクセモノですね。

起業が素晴らしくて、会社が駄目だというのではなく「違う」ということです。そのために最も重要なのは「Unlearning」です。大きな事業を想定する場合に関してまとめておきます。

社内で頑張っていた事は忘れて下さい

起業で勝つような人間は社内でのトラックレコード(例えば、今まで取れなかった顧客に食い込んだなど)があるような人だと思います。出世とは関係ありません(但し、マネージメント経験はあった方がベターですが)。なので、社内で頑張っていた事自体は重要だと思います。が、

会社内での事は全て忘れて欲しいのです。どんなに凄かったとしても、どんなに賞賛されたとしてもです。

また、社内に対して突っ張った生き方をしていた場合、つまり、社内でできないから飛び出した場合、その精神は賞賛しますが、

社外で人に当たったら受注が取れないだけです。

1年ぐらいは垢落としにかかります

上司や会社の判断から市場の判断になりますので、市場がジャッジしてくれます。もちろん、市場も間違ってますので、

人によっては実力以上に持ち上げられたりもします。しかし、実力以下には評価されません。

実力があるのに!なぜだ!?といってもそれが実力だと思います。市場に唾しても市場が拾ってはくれませんので。結局はそれが実力なので、だからどうする?と考える必要があります。問題は・・

  • スピードが違う(いきなりF1でベタ踏みの状態であるはずだが。。)
  • そもそもゼロベースから何かをやったことはない・カオスの恐怖
  • 会社の格上げは果てしなく大きい
  • 合議制では未来はない、何故なら誰も答えを知らないから
  • 人を教育している余裕はない
  • できることを答えていたら何もできない
  • トライアル・エンド・エラーというもの
  • 考えている・止まってい時間にもお金は減っていく
  • 人というものは極めて変わる

などなど・・・とにかく、この手を自分が主体者として「腹落ち」するのに相当な時間がかかります。1年、下手したら最終的に失敗するまで(途中の失敗は問題ない)、あるいは、失敗しても気づかない可能性があります。できれば、一回、Startupで創業に近いところに入って「垢落とし」することをお勧めします。

とにかく今の自分は間違っていると思う

とにかく、今の自分は間違っているかも知れない。という「常識」を疑う気持ちを常に持ち続ける必要があります。仕事のやり方は会社の頃のものが使える部分もあるんですが、使えない部分も多数あります。なので、全てがダメというのは違うし、過去こうだったからも違う。これは非常に難しいです。

いずれにしろ、誰もケツを拭いてくれません。自己責任という世界へようこそ。自分を盲信せず。自分を信じること。しかし、私は人生は一度っきりなので、是非、味わって下さい。このカオスを。

Welcome to Chaos!  Good luck!

Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事