01Blog / スタンフォード大学の「StartX」に関して

投稿者:Goda George
2016/11/04 00:00

アメリカのシリコンバレーで有名なスタンフォード大学にはStartXというアクセラレータープログラムがあります。Forbesの「The Best Startup Accelerators Of 2016」でトップランクに位置しているアクセラレーターです。

StartXの特徴

下記に特徴をまとめてみましょう。

  • 無料かつEquityを取らない
  • トータル2.2B-USD、平均で5.1M-USDのファンディング
  • 200名のシリアルアントレプレナーによるメンタリング
  • StartX Fundがあり、現在までに98M-USDを200+の会社に出資
  • 400社のプログラム卒業生
  • 学生や教授向けのプログラムも存在
  • チームの1名がスタンフォード出身である必要あり

パートナーも豪華ですね。

歴史を紐解くと

StartXのwikiを見るに元々は学生の活動(2011年から)だったようですが、最初にカウフマンファンデーションが寄付して、今はスタンフォード大学が毎年1.2M-USDの補助をしてくれているようです。

下記にStartXに参加したFounderのインタビューがありますので参考に。

一つ思いますのは、それぞれのスタートアップはそこまで日本と大差が無いかも知れません。問題は「コミュティ」であり、そのコミュニティ(エコシステムとも言える)と人材輩出拠点である大学とが結びつくこと。この組み合わせはなかなか日本では難しいので、羨ましいところではあります。

Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事