01Blog / 01Boosterの2016年を振り返って

投稿者:Goda George
2016/12/31 00:00

単純に言い訳ですが、11月8日以来ブログを更新するのを(単純なイベントのメモを除いて)サボってましたが、2016年12月31日に荷物が来るのを待ちながら一人、01Boosterのオフィスの7Fにいると、久しぶりにブログを更新したくなってきました。せっかくなので、01Boosterの2016年を振り返ってみます。

2012年設立〜2016年

元々01Boosterは2012年設立です。2012年はシェアオフィスでイベントをやっていた時代、2013年は1フロアからの増床と、01Boosterとして初めてのサービスとなる「01Dojo」を開始した(2013年10月25日)年です。2014年10月2日に最初のコーポレートアクセラレーターである「学研アクセラレーター」を開始しました。2014年の12月に「オープンミートアップ」という社名を「ゼロワンブースター」に変更しています。2015年は森永アクセラレーターを加えました。2016年には複数個のコーポレートアクセラレーターが走りました。

2012〜2014年まで無給が続く

01Boosterは3年間無給でしたね。私自身も様々な事業立ち上げを行いました(ゼロワン以外はすべてコケましたが!)。2009年から12個ぐらいチームアップしましたね。懐かしいものです。

2016年のランドマーク

2016年にはいくつかの変化がありました。まとめると・・

  • コーポレートアクセラレーターが手探りからオペレーションに、国内ではトップクラスに
  • ハードウエア系の製造業まで大手企業の対象が拡大
  • 01Boosterとして創業者の個人商店から組織化に
  • 対前年度比300%成長
  • 出資先VBが2桁に
  • 国際化の布石(サンフランシスコオフィス開設、海外テストソーシング)
  • 日本国内は南は沖縄、北は北海道までのVB支援ネットワークの基礎構築
  • 金融・行政・大学との連携の布石
  • 人材サービスの告知

などになります。簡単にいえば、2014年が(2012-2013の2年間朦朧としてますが。。)産声、2015年が初速、2016年は日本国内での最初の実績固めを行ったというところでしょうか。もちろん、あくまで初度のです。まだまだですね。反省も多々あります。一言でいえば。。

全くもって、まだまだ足りなかった。「素晴らしいでは足りない」を思い知ったのが2016年

足りないですが、まずは、今後、01Booster自体のスケール化を目指していくための足がかりができたところまででしょうか。

2017年にやりたいこと

2017年にやりたいことはこんなところです。

  • 諸般の企業の依頼もあり国際化を更に推進していくこと
  • 投資機能を充実させていくこと
  • 人材ビジネスを立ち上げること
  • ブリッジプログラムを立ち上げること
  • テクノロジー分野に強くなっていくこと
  • 大学との連携を強めていくこと
  • 地域行政・金融機関との連携を強めていくこと
  • メディアの強化を図ること
  • 起業家・ベンチャー支援能力を高めること

簡単にいえば、2016年は布石の年。2017年は日本国内のエコシステムを強化し、国際対応を本格化するという年になると思います。

日本を、世界を1mmでも良くできますように

2016年は皆様にたいへんお世話になりました。2017年もどうぞ宜しくお願いします。

Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事