01Blog / サイレント・マジョリティのニーズが極めて重要

投稿者:Goda George
2017/04/06 00:00

アメリカの大統領でトランプさんが勝ちましたが、大方のメディアの予測を裏切ってでしょうかね。つまり、あまり目立たないサイレントマジョリティの力ですね。Wikiによるとサイレントマジョリティとは・・

サイレント・マジョリティとは、「物言わぬ多数派」、「静かな多数派」という意味。積極的な発言行為をしないが大多数である勢力のこと。

とあります。この聞こえない声が起業でも新規事業でも結構重要だと思います。

あるコミュニティに属していると反対の声が聴こえない

例えば私はいわゆる起業系のコミュニティにおりますが、この場合、常識と言われるものは「行動する」だとか「やって当たり前」とか「スタートアップは素晴らしい」だったりします。日本的な和の精神がネガティブに働くと「正しい反論」を退ける方向に行きます。一方、外の世界ではこの起業系の考えは完全に「異端」ですので、理解されません。問題はここですね、誰もが批判的な人とはそこまで話したいと思わないので、耳障りの良い話が好きでしょう。

カエサルの下記の名言が分かりやすいですね。人間の真理はこんなもでしょう。

私は助言を愛す、しかし助言者を憎む。

誰もわざわざ反対意見を述べたいとは思わないでしょう(面倒だし、、メンターは言わないとならないときもあるが)。例えば、猫が好きな人に「この猫可愛いでしょう!?」と言われると、確かにそうですが、そこまでこちらは思っていない。相手は「この人もそう思う必要がある!」としてしまう傾向が日本には多い気がします。これは様々な分野で同質な(反対意見を許さない)コミュニティを創りやすく、和の精神がある日本には起こりやすい。

ポリティカル・コレクトネスと常識の罠

例えば誰もが大小はありますが、一般的に、何か可哀想な存在があったとします。それを助けたいという気持ちはあるが、その強度はそれぞれでしょう。逆にその存在があるために不都合を被る人もいるかも知れません。誰もが反対できないようなポリティカル・コレクトネス系に当たりそうなものは、ユーザは批判を恐れて本当のことを言いません。なんでも中庸がいいので、あまりにもポリティカル・コレクトネスも行き過ぎると困ると。

そうなると、本当に多くの人が思っているニーズは何なのか?逆に誰もが反対し難いものは、反対し難いことを言う少数のニーズを満たすものは何か?

つまり、本当に何のニーズに応えるかを良く考える必要があります。

その人への批判なのか真実を求めるのか

ここは番外編ですが、反対意見を述べると喜ぶ人もいますが、逆もいますね。反対意見を言う人にも「相手の批判ではなくビジネスの真実を考えた反対意見であること」を考えるべきだし、批判や反対意見を聞く方も「ビジネスの成功には何が必要なのか?(自分の批判と受け取らない!)」という事業創造ファーストの考え方が必要ですね。

タグ
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事