01Blog / スピンオフにチャンスを!

投稿者:Goda George
2017/04/24 00:00

先日「アクセラレーター応募の起業家・事業家の集計レポートを01Boosterが公開」をリリースしました。文末に簡易的なものですが、データを参考で付けておきます。

大手企業出身のスピンアウト起業家が増えてきている

簡単に言うと、大手出身がかなりの数、スピンアウト起業してきているということですね。全ての会社ではないですが、

現行のままでは新しいことはできない

というのはおよそスピンアウト起業家の共通のコメントです。結構な名だたる会社を辞めている人をみると、まぁ、素晴らしいと思いつつ、私自身も大手企業を結果的に3回辞めてますので、会社を辞めた後に元の会社と個人的にはつながりもありますが、なかなか古巣が協力して起業した人を支援しようとまでは行っていないと思います。これはこれで一つの不幸だとも思えます。

スプンオフ・スピンアウトとは?

スピンアウトは簡単にいえば、会社から出て独立。資本関係なし。ですね。一方で、スピンオフは元の会社との資本などを通じて関係ありというところです。そういう意味では、拡大解釈すれば01Boosterもスピンアウト系ですね。大手を辞めて起業しているので。

ちなみに、スピンアウトで使える(使いたいのであればですが)のは、元の企業内での経験ですね。01Boosterでは大手企業との連携の仕事が多いのも、大手出身のスピンアウト組が多いからですね。

スピンオフにチャンスを!

スピンアウトもいいんですが、元の企業と(喧嘩したわけではないですけど)あんまり関係ないですね。ちょっと知り合いみたいな感じですので、たまーに助けてもらったりもしますが。

スピンオフも元の企業との柵はあるかも知れませんが、別組織に分けるというのはイノベーションのジレンマでも大きなテーマですので、ここはもっとスピンアウトを増やしてもいいように思えるのです。逆にDisrupt Innovationを実施するのであれば、現在の様々な状況を見るに最低でもスピンオフは必須に近いものではないかと。。

理想をいえば、スピンオフして自由度を増して、Disrupt(破壊型・逸脱型) Innovationができるようにして、仮に、その支援をスピンオフ元の企業が支援してくれるのであれば、非常に心強いのではないでしょうか?既に、スピンオフ型で事業を興している会社はIT系を中心に日本でも沢山ありますが(ただ、スピンオフですら、その殆どが持続的イノベーションであるという点!)、日本でDirsupt Innovationを興すためには、現実を直視して、もっともっとスピンオフが必要だと思うのです。

※スピンオフ案件の最大の失敗理由は元の会社のコントロールです。気持ちは分かるが持続型の考え方なので、アクセラレーター並みに支援だけに留めて欲しいですね。。。

スピンオフにチャンスを!
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事