我々は学べているのか?

投稿者:Goda George
2018/09/06 00:00

日本でリストラされた技術者が台湾企業で大活躍しているのを見て、本気で恐怖を感じた。」がなかなか良いことを書いている気がします。小生も電機系の出身ですので、とても実感値があります。

松下幸之助を始めとした昭和の日本を作った大経営者たちの書籍を、日本語の原文のままで読むために猛勉強したから

というコメントには驚かされます。この貪欲な向学心・・・

中国との圧倒的な差を目の前にして

先日、深センに参りました。もちろん、向こうは未来都市で日本が明治時代とは思いません。が、その凄まじいイノベーション分野への力の入れよう(深センだけでアクセラレーター・インキュベーターが200個)と大量のDoingと高速な進み方の前に圧倒的なぶっち切られ感を感じたのは私だけでしょうか。

もちろん、すべての技術やインフラで抜かれたわけでもないでしょうし、建物の作り込みが甘い、品質はまだまだ、こっちの方では、と、いくらでもいえますが、明らかに先方が進んでいます。このような話を日本ですると・・・一応に悔しそうな顔をします。まだまだ技術立国だと。私も電機出身なので心のそこに沸き起こる感情は正直あります。

ただ、いつから我々は上だなんて思い出したのだろうか?

と考えざるを得ません。学ばしていただく必要があります。

我々が偉大な経営者を生んだのはいつだったのか?

明治維新のとき、戦後のとき、どうみても、日本は大きく欧米からビハインドだったと思えます。いえいえ、戦中の技術は大したもんだったという反論もあろうかと思えます(ただ、少なくとも経済的にはUSと比較してかなりのビハインド)。少なくともあの頃は必死で学ぼうとした沢山の方々がいたと思うのです。

我々は学ぶということができているのでしょうか。学ぶことを忘れてしまってはいないでしょうか。
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事