正しい社内起業家を探すということ

投稿者:Goda George
2019/03/11 00:00
社内起業(イントラプレナー)自体は太古の昔からある活動だとは思いますが、1978にPinchot氏がそれを定義したのが始まりとされております。

社内起業家の要件

さて、このPinchot氏のコメントとして、社内起業(イントラプレナ)でそれを司るマネージャーに求められる要件があります。2つのKeyポイントです。

  1. 真の社内起業家か、ただ良いことを言っているだけの人かを良く見極めること
  2. アイデアよりも正しい人たちを見つけること(成功の80%はアイデアではなくチームで決まる)

これはとても重要な概念ですね。1.に関しては実際には見極めがかなり難しいところです。多くの社内起業家をみるに、実際にやろうとする人は必ずしも目立った存在ではありません。初動では見極められないと思うのが正しいと思います。

正しい社内起業家は誰か?

起業家の尺度でみると、声を挙げてどんどん来ないとダメだ(と思っていない方も多かったらすみません)という感覚があります。生きていくためには声をあげないとならないと。

我々の反省点でもあるんですが、社内起業ではこの考え方は成り立たないことがわかりました

全くもって誰がやるか(正しい起業家か)がわからない
という現実を目の当たりにしました。非常にやる気がありそうな人ではない可能性もあります。また、社内起業家の場合は起業家に比べてかなり初動の状況です(起業家はバッターボックスに立って試合には出ているが、社内起業の場合は外部ですでにやっている人もいたりしますが、野球をやりたいという状態に近い)。

どうやって見つけるのか?

まず、アイデアやプランは変わる可能性がありますので、重要度は劣後します。また、個人ではなくチームで事業は行うので(この概念が日本では薄いですが)カリスマである必要もありません。となると、目立つ必要もなく「内発的動機をもって、行動する人」というのが再重要です。チームアップができて、かつ、学ぶことに貪欲であると尚良いです。

これがまず、見た目ではわからないので、まず、一段階目として、いかに多くの人(場合によっては大きい会社は可能な限り全事業所)を啓発して引っ張り出すか、これが重要になると思っております。自分はそういう人(社内起業なんて・・と思っている)ではないと思っている可能性が高いのです。

誰が正しい社内企業家なのか?これは、ビジネスプラン等や会社での評価ではなく、実際の行動の向こう側にみえてくると思っております(実際にそうだったと思えます)。
Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事