オンラインを視聴してわかったこと

投稿者:Goda George
2020/03/29 00:00

オンラインセミナーで分かったことを書いてみましたが、視聴側としてはどうか?をベースにもう少し深ぼってみます。

まず、話している人たちが「より身近に感じる」というのはあります。画面の向こう側なので、一方的ではあるですが、F2Fで合うのとは別の軸の親近感ですね。これは別でも出ておりました「臨場感がある」など。思いの外オンラインでの(心の)距離感は無いんだなぁと思います。

ほんとに、人間の感覚って面白いなぁと思います。思いの外、画面の向こう側の人を身近に感じるんです。なにせ、リアルセミナーに比べて顔がはっきり見えますからね。

実際に会った場合と、画面の向こう側の人は別の人感、人のようなものでしょうか。

また、これは多分、発信側の課題ですが、パネルのような形の場合、ファシリテーターはより重要になるだろうと思います。会場の反応をあんまりみれないので、モデレーター(会場の反応をみながら話題を調整する)ではなく、ファシリテーター(自分も少し話者になる)の要素が必要に思えます。パネリストは画面の向こう側に人がいますので、一人のコメントは長めになりますので、まんべんなく振ってあげるイメージですね。

聴衆の反応がみえないが、聴衆側は思い思いに感じておりますし、聴衆側は複数で色々話していたりします。この人の話をもっと聞きたいとか、ここまで言っちゃっていいのか!?とか。こんな話だったよねー。とか、そういう意味では、リビジットは重要なのかも?

さて、SlidoやChatなどを使った質問に関してですが、数にもよるものの、これはできるだけ答える感じにすると良いかな?と思います。ブロードキャスト型の場合、画面を通してはコミュニケーションは基本的に質問でしかできませんので(そういう意味ではコメント機能もいいのかも?ですがリアルタイムに批判されても、話す方も大変ですしね。。)、この質問に対して、いわば、やり取りのない状態(会話のやり取りがない状態で一方的に質問に答える)答えるということは、質問の内容云々もありますが「お?取り上げてくれた」という強いロイヤリティにつながりそうです。

新しいことって色んな発見があり、世の中って面白いなぁと思います。

Original
投稿者
Goda George
共同代表 取締役:01Booster Inc.

MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレータを運用すると共にアジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

Goda George の新着記事