原田産業と共同で運営する「HARADA INCUBATOR」の成果発表会をフルリモート開催!

投稿者:Hirai Tadamichi
2020/04/23 18:00


事業創造アクセラレーター・コーポレートアクセラレーターを運営する株式会社ゼロワンブースターは、原田産業株式会社と共に運営する「HARADAINCUBATOR〜求む、挑戦者〜」の成果発表会を2020年4月9日にオンラインで開催しました。

登壇者は、関西起業家支援者の方々の前で成果発表をいたしました。審査の結果、1名の参加者がグランプリ(最優秀賞)を受賞し、7月3日に開催する「HARADA ACCELERATOR」のピッチコンテストのシード権を獲得されました。

【Day5 成果発表会】

開催日:  2020年4月9日(木)13:00-18:00
●場所: オンライン(フルリモート) 
●発表者:  19名
●成果発表会の流れ
開講挨拶/プログラムの振り返り
事業アイデア部門クルーピッチ11名(各2分00秒)
事業加速部門ピッチ8名(各3分00秒)
審査員/オブザーバーによる所感
集計結果発表/授賞式
原田産業 講評
オンライン交流会

※今回の成果発表会として、事業アイデア部門と事業加速部門の二部門に区分。事業アイデア部門:アイデアエーションフェーズ、事業加速門:事業運営フェーズ。なお、区分に関しては、参加者のステータスを事前にヒアリングし、事務局にて振り分けた。事業アイデア部門は、ピッチ参加者に対して審査員からコメントをフィードバックし、今後の事業創造の実行につなげる。事業加速部門は、アクセラレーターのピッチコンテスト進出のためのシード権として選出。

成果発表会では、本プログラムにてこれまでご支援いただいたメンターや、行政の方々にもご参加いただきました。1月29日から開始したHARADA INCUBATORは、約70日間の期間、関西で挑戦中の起業家にとっては、良い出会いが生まれる場・行動する場となりました。

映えある最優秀賞とアントレプレナー賞に輝いたのは

本成果発表会では、ホテル業務を効率化するオールインワンホテルシステム「WASIMIL」がグランプリ(最優秀賞)に輝きました。アントレプレナー賞には、世界初のLINEを使った暗記学習アプリ「はやべん」が選ばれました。

※最優秀賞:審査員からの平均得点が最も高かった参加者を一名選出。ピッチコンテスト参加権を付与。
※アントレプレナー賞:HARADA INCUBATOR内でのコミュニティへの貢献やプログラム開始から終了までの70日間での事業進捗差分を評価し、審査員長が一名を選出。

最優秀賞者

株式会社AZOO

ホテルシステムWASIMIL(ワシミル)は、鷲の目のようにさまざまなホテル業務を俯瞰して見渡せるとともに、一つ一つの業務にも照準を定めて、効率よくこなしていける、ホテル業務を効率化するホテルシステムです。

社名:株式会社AZOO
代表者:ナピオンテック・トーマス
事業概要:PMS、サイトコントローラー、予約エンジンが統合されたオールインワンホテルシステム
https://www.wasimil.com/

アントレプレナー賞
株式会社CHARCOAL STARTER
”はやべん”は早押しクイズ形式で楽しみながら効率的に暗記学習を進められる、世界初のLINEを使った学習アプリです。

社名:株式会社CHARCOAL STARTER
代表者:歌崎 雅弘
事業概要:学習アプリ開発運営事業・学習塾事業
https://imamirai-school.com/hayaben

(※上記写真はDay1(1月29日)に撮影した写真)


審査メンバー(※写真は当日フルリモート成果発表会からの切り取り)

●原田 暁  原田産業株式会社 代表取締役社⻑

1975年神戸市生まれ。建築学科(修士課程)を修了後、建材メーカーの開発部門勤務を経て2003年原田産業株式会社入社、2009年取締役就任、2013年代表取締役社長就任。


権 基哲 ⽒ Con. 代表取締役/関西ベンチャー支援家/公認会計士

2008年監査法人トーマツ(有限責任監査法人トーマツ)に入所。上場会社の決算監査、IPO支援など上場準備監査にも従事。2013年トーマツベンチャーサポート株式会社関西支部立ち上げ。関西支部の責任者として従事。2015~2019年大阪市シードアクセラレーションプログラム統括責任者(2年間で60社支援、累計資金調達額40億超、事業提携数40件超)、大手CVC設立支援、大手アクセラレーションプログラム運営支援、2016-2017年京都大学MBA「新事業創出論」非常勤講師、2019年11月:ベンチャー支援事業を軸に独立。Conを創業。YouTubeチャンネル「こんちゃんネル-社長の素の顔-」配信。

長川 勝勇 ⽒ 大阪イノベーションハブ統括プロデューサー

香川県高松市出身。大学卒業後、銀行に勤務していたが、15年目に取引先企業から誘われて経営に参画。これをきっかけに、複数企業の経営に携わりつつ大阪市の創業支援施設で個人事業やIT系ベンチャー、クリエイティブ企業など300社以上の起業や独立開業をサポートしてきた。現在は大阪イノベーションハブの運営に関わる一方、産学官民コミュニティの世話人や事業戦略プラットフォームのアドバイザーなどを通じて関西のイノベーション・エコシステム構築に向けた活動を行っている。


稲田 大 株式会社U.W.C代表取締役/コワーキング型情報市場コクリワーク代表
大阪市出身。19歳で音楽系や小劇場の舞台衣装デザイナーとして学生起業。24歳の時にNYで展示会を行い、その後京都にお店をだす。それ以降は外注デザイナーとして、ラグジュアリーブランドの商品企画などを手掛ける。2010年以降はファッションのEC化の流れと共にECソリューション事業(イメージ戦略、SNSマーケティング、撮影関連等)を軸に法人化する。2018年6月、みんなのやりたいことやおもろいことで夢中になる世の中をつくるためコクリワークを創業。エンタメを中心にファッションやパフォーマンスといった新しいビジネスをつくる活動を行っている。
鈴⽊ 規⽂ 01Booster 代表取締役CEO
1999年カルチュア・コンビニエンス・クラブ⼊社、管理部⾨を統括するコーポレート管理室⻑。東証マザース上場、東証1部指定替えプロジェクトメンバー。2006年エムアウトにおいてアフタースクール事業「キッズベースキャンプ」を創業するとともに、兼務で新規事業開発シニ アディレクターを歴任。同事業を東急電鉄に売却、3年間のPMIを経て、同社取締役退任後、2011年事業創造アクセラレーター01Boosterを創業し、起業家⽀援、企業向け新規事業開発⽀援事業を⾏っている。 2009年グロービス経営⼤学院アルムナイアワード受賞。

HARADA INCUBATORを開催するに至ったその背景とは?

「〜求む、挑戦者(起業家)〜」をテーマに、独自の事業創造実践環境の0→1プログラム(起業家支援)の実績を持つ01Boosterと共に、インキュベータープログラムで起業家の育成に取り組んだ。コーポレートアクセラレーターはインキュベターのEXIT先として一連したプログラムを設けた。「関西の事業創造環境(エコシステム)に貢献する」という想いから、原田産業は起業家育成プログラムを実施することに至った。


当初、プログラム設計に対して、どのような起業家が集まるのかが想像つかなかったこともあり、インキュベータープログラムの開催については迷いもあったと言う。そのため、まずは原田産業自身が挑戦者となって「起業家と共に0→1のフェーズ」に挑戦してみようと今回のプログラムを開催することになった。




HARADA ACCELERATORに関して 
※ 詳細については、こちらをご参照ください。順次更新していきます。

【 HARADA ACCELERATORのスケジュール 】
2020年5月11日 : ビジネスプランの最終提出期限
2020年7月3日 : 最終審査会・ビジネスプランコンテスト
2020年7〜11月 : アクセラレータープログラム支援期間
2020年12月上旬 : 成果発表会(デモデイ)
※ 上記の予定は変更される可能性があります。
(注1)コーポレートアクセラレーターは01Boosterの登録商標です。

HARADA INCUBATOR 主催企業
会社概要
商号:原田産業株式会社
代表者:代表取締役社長 原田 暁
所在地:〒542-0081 大阪市中央区南船場2丁目10番14号
事業内容:原田産業は95年以上の長い歴史を持つ貿易総合商社です。「造船・海洋」「建設・インフラ」「エレクトロニクス」「ヘルスケア・ライフサイエンス」「食」「生活」の6つの事業を柱として、バランスの取れた堅実経営でビジネスを展開しています。「自らが挑戦者として 最高の一手を共創する 変革のパートナーであり続ける」というミッションを掲げ、社員の一人ひとりが、常に挑戦心を持って、世界中に新たな価値を提供しています。

Img misteryman
投稿者
Hirai Tadamichi
01Booster

2008年にABBに入社。自動車用塗装ロボットのラボエンジニアとして従事。2016年にドイツ系素材メーカーのソリューション営業に転職。大手企業から中小企業まで全国の幅広い製造プロセスのクライアントを対象に新規開拓および既存深耕の法人営業を経験。2019年6月より01Boosterに参画。

Hirai Tadamichi の新着記事