Toshikeiyaku

【起業法務】「創業株主間契約」

2018年8月1日 19:00 - 20:30 / 18:45開場

起業には色々なところで法務の問題に出会います。
起業家の方々にとっては、ビジネスモデル・プラン、チーム作り、プロダクト・サービスの研究開発、成長戦略などで時間が足りない中で、なかなか法務の問題まで手が回らないことも少なくありません。
しかし、事業には常に法務が関わりますから、これから新しく事業を立ち上げる際にどのようにして法務に取り組むかは重要な課題です。
そこで、【起業法務】と題し、起業家の皆様にご理解いただきたいことをお話しする機会をご用意いたしました。
「法務には手が回らない」、「法務は難しそう…」、「法務はとっつきにくいんだよなぁ…」といった起業家の方々の声に応えるべく、講師の佐藤直樹弁護士が、簡単なケースを使いながら、できるだけ法務に親しみやすいように解説してくれます。

今回のテーマは、「創業株主間契約」です。
起業家の方々には、お一人で起業される方もいらっしゃると思いますが、多くの場合には、何人かのチームで一緒に起業されることになると思います。
その場合、それぞれのメンバーの方は、株主でもあるし、役員(主に取締役)でもあるという立場になることが多いでしょう。
このようなメンバーの方々を便宜的に「創業株主」と呼ぶことにします。
今回のセミナーでは、創業株主の間で契約書を取り交わすことがどれだけ重要か、また、どのような契約書にすれば良いかをお話しします。
講師の経験上、創業株主の間で契約書を取り交わすことはついつい後回しになりがちですし、いざ契約書を作ろうと思っても、ネットに転がっている雛型をよく理解もしないまま使うということがよく見られます。
しかし、創業株主は、起業した後、一丸となって会社の困難な課題に取り組むことになりますし、ときには、チームの解散の危機ということも起こり得ます。
そのようなときに備えて、創業株主のいわば羅針盤になるような契約書を取り交わすことができれば、起業後の足元を固めることにはるはずです。

事前に質問を受け付けますので、「当日はこんなことが聞きたい!」といったことがありましたら、ぜひお気軽にご記入ください。

※申込み多数の場合は抽選になる可能性があります。
※ネットワークビジネス / 不動産投資 / 各種セミナー勧誘など、参加者への営業目的でのご参加はご遠慮ください。問題が生じた場合、途中退出をお願いする場合がございます
※名刺を交換された方への了解が無い上でのメールマガジン等への登録はご遠慮ください。

18:45 開場
19:00-20:30 レクチャータイム・事前質問へお答えする時間
20:30-21:00 質疑応答・順次ネットワーキング
※ 内容は変更になる可能性がございます。

登壇者 / Speaker


佐藤 直樹

弁護士 01boosterメンター

三宅坂総合法律事務所に所属する弁護士。三井物産株式会社法務部への在籍出向の経験あり。新規事業のストラクチャー、資本政策・資金調達、合弁契約・株主間契約、事業関連契約、Exit・IPOなどの切り口でスタートアップ・ベンチャーを支援。IoT、AI、ヘルスケアなどの新しい事業分野に力を入れている。

日程 / Schedule

2018年8月1日 19:00 - 20:30 / 18:45開場

会場 / Event Venue

01Booster 4F "01Garage"

参加費 / Fee

無料

応募終了
会場住所 / Address

東京都港区東麻布1丁目7-3 第二渡邊ビル 4F

会場へのアクセス / Access

都営大江戸線赤羽橋駅から徒歩5分
東京メトロ日比谷線神谷町駅から徒歩8分

主催者 / Organizer

(株)ゼロワンブースター