ロシア市場やStartupの状況とロシア版シリコンバレー構想「スコルコボ」に関して学ぶイベントを01BoosterとWEGLOで10月12日に共催

2012/09/19
イベント/セミナー

「21世紀のIT大国」ロシアで進む新しいシリコンバレー構想「スコルコボ」。 スコルコボの概要とビジネスチャンスを、ロシア市場、そしてそのStartupの魅力と共に学ぶイベントをインキュベーション型シェアオフィスの01Booster東麻布と海外展開プラットフォームのウイグロジャパンで2012年10月12日(金)に01Booster東麻布で開催します。皆様のご参加をお待ちします。

f9151ff3ca
インキュベーション型シェアオフィス「01Booster」を運営する株式会社オープンミートアップ(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木規文、以下01Booster)と企業の海外展開プラットフォームを提供しているウイグロジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:合田ジョージ、以下ウイグロ)はロシアの市場やStartup、新しいロシア版シリコンバレー構想「スコルコボ」に関して関係者をお招きしたイベントを2012年10月12日(金)に東京東麻布の「01Booster」にて開催します。

「21世紀のIT大国になる」と言われるロシア。そのロシアで今起きているビッグムーブメント、それが「スコルコボ・プロジェクト」・・・「スコルコボ・プロジェクト」とはモスクワ郊外の街スコルコボにあるロシア版シリコンバレー・プロジェクトで、メドベージェフ首相の強力なリーダーシップの下、各国から投資を募っていて、Google、Microsoft、Nokia、SIEMENS、CISCO、GE、TATA等の世界中のトップ企業が次々に参加を決めていて、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)がスコルコボ委員会と協力して、SKTech(スコルコボ工科大学院 )と言う学校もスコルコボに創設。アメリカをはじめ、イスラエルやヨーロッパ各国、そして韓国や中国等アジアも巻き込んだ、まさに世界的なプロジェクトになっています。
当日はこの「スコルコボ・プロジェクト」の詳しい概要とビジネスチャンスを、ロシア市場、そしてそのStartupの状況と共にお伝えします。

開催概要

開催日時:2012年10月12日(金)
開催時間:19:00 - 22:00(18:30受付開始)
開催場所:01Booster (東京都港区東麻布1-7-3 第2渡邉ビル7階)
アクセス:大江戸線 赤羽橋駅 徒歩3分 日比谷線 神谷町駅 徒歩5分
ローソンの隣、1Fがカーペット屋さんのビルの7Fです。

会費  :2500円(当日会場支払い、飲食費込)


イベントスケジュール

※講演は日本語をベースに行います

18:30 会場

19:00 - 19:30 ネットワーキング

19:30 - 19:35 オープニング by 01Booster

19:35 - 19:50
ロシア市場の概要 : 講演者:Alexei Polyakov

19:50 - 20:05
ロシアのIT系のStartupの状況、Web系サービスの状況 : 講演者:Michael Koryashkin 氏

20:05 - 20:20
ロシアンシリコンバレースコルコボに関して : 講演者:西田光毅氏

20:20 - 20:30
海外展開を考える  : 講演者:George Goda(Weglo Inc.)、樋口公人(iforce)他

20:30 - 20:35
01Boosterご紹介 : 講演者:01Booster代表 鈴木規文

20:35 - 20:50 ネットワーキング

20:50 - 21:10 パネルディスカッション

21:10 - 22:00 ネットワーキング

講演者紹介

Alexei Polyakov氏 @yaromir

Alexei holds MA degree from the Russian Far Eastern State University and Computer Information Systems Diploma from University of California, Berkeley. Worked for over seven years in Silicon Valley in telecoms and IT areas. Having moved to Japan in 2008, Alexei worked for Japan leading IT vendor and he is with one of the largest Japan Internet company. Co-founded Skolkovo Japan to popularize Russian IT in Japan.

Michael Koryashkin 氏 @koryashkin

Graduated from Oriental University in 2008 Moscow, Russia. Fluent in 3 languages: Russian, Japanese and English. Based in Japan from 2009, Michael works in exhibition/event industry with a focus on logistics and IT industries. Co-author of the most popular podcast about Japan in Russia - Japonskie Gorodovie (Japanese policemen). Has a very strong interest in startups and venture investments.

西田光毅氏 @knishida777

高校を卒業し、米国へ留学。カナダの人工知能会社でのインターンをして帰国。帰国後建築デザイン会社に入り、同社でWEB部門を立ち上げ、その後独立。WEB制作&WEBマーケティング会社、株式会社テスタ メディア ソリューションズを創業、代表取締役に就任。ロシア版シリコンバレー「スコルコボ」の日本でのプロモーション団体、「スコルコボジャパン」の共同設立者としても活動中。2011年12月にはロシア政府よりモスクワに招待される。人工知能学会正会員、日本ロボット学会正会員。 著書に「ソーシャルメディア調査報告書2011」共著、「日米中ソーシャルアプリビジネス調査報告書2010」共著、 「iPhone 3G アプリ開発とビジネスプランニング」共著(発行:株式会社インプレスR&D)」がある。

樋口公人 氏 : iforce 代表理事
略歴:2003年より(財)日本ILO協会にて政府ODA事業を中心とした人材開発による開発途上国の支援を行う。主に海外進出した民間大手日系自動車メーカーをはじめ、部品関連中小メーカー、建築、建設、消費財など各種企業の現場の管理監督者育成プラニングを担う。アジアを中心に外国人の面接・ケアをした数は4000人を超え、海外40カ国以上に人的ネットワークを持つ。同法人の解散後の2011年3月、主に外国人教育・研修を専門とする、NPO法人アジア人材開発・雇用創出支援機構(HUDEC)を設立、同年11月には一般社団法人国際人材革新機構(iforce)を設立し、両代表理事CEOに就任。グロービス経営大学院MBA(経営学修士)。

George Goda : CEO of WEGLO Inc.
略歴:グロービス経営大学院MBA、青山学院大学理工学修士。東芝の重電系研究所・設計を経て、同社でSwedenの家電大手とのアライアンス、中国やタイなどでのオフショア製造による白物家電の商品企画を実施。村田製作所にて、北米向け技術営業、Motorolaの全世界通信デバイス技術営業を実施、その後、同社の通信分野のコーポレートマーケティングにて全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長としてKDDIグループ子会社の海外展開計画を策定、2012年3月末にて退社。現在はWEGLO Inc.にて企業の海外展開のサポート、Open Meetup Inc.(01Boosterの経営母体)にて、インキュベーション等を実施中。